bizSPA!フレッシュ

意外と知らない「日本酒での会食マナー」。プロが教える3つの要点

 接待や会食で日本酒を楽しむには、基本的なマナーやルール、そして、お店選びから、注文の仕方、飲む順番などのコツを覚えておくことが必要です。そうすることで、より一層、一緒に行くお相手にも楽しんでいただけるようになります。

日本酒

画像はイメージです(以下同じ)

 今回は知っておくと接待や会食の際に役立つことを、3つのポイントに分けてお伝えします。

※本記事は書籍『ビジネスエリートが知っている 教養としての日本酒』の一部抜粋です(著者:友田晶子、トータル飲料コンサルタント、ソムリエ、日本酒きき酒師)。

1:お店選びは「持ち込み可否」も確認

 日本酒を楽しみたい人と食事をするにあたって大切なのは、お酒選びの前にお店選びです。お互いが気持ちよく過ごせるかどうかで、料理の味も大きく変わるからです

 まずは店周辺の雰囲気、店がまえ、エントランス、店内の雰囲気、カウンターかテーブルか個室か、椅子席なのか靴を脱ぐお座敷なのか、はたまた掘り炬燵なのか、環境の確認を行います。

 次に好みのお酒があるか、好みの食材やアレルギーなどがある場合は対応してもらえるかを確認します。なお、お店によってはお酒の持ち込みが可能なところもあります。

本番の前に実際に行ってみるべし

ビジネスエリートが知っている 教養としての日本酒

『ビジネスエリートが知っている 教養としての日本酒』(友田晶子、あさ出版)

 お相手に味わってほしいお酒がそのお店になかった場合は、持ち込み対応をしてもらえるかどうかも確認しておきましょう。ただし、すべてを持ち込みでまかなうのは遠慮したいところ。あくまでも、お酒を提供するお店です。1、2本持ち込みするなら、2種類程度はお店の銘柄を注文するなど心がけたいものです。

 大事な接待の場合は、事前に一度訪ねて、実際に食事をしてサービスを受けておくといいでしょう。前もって訪ねる予算がないときには、お店に出向くだけでもかまいません。周辺を確認したり、お店のたたずまいを見たりすることができます。もしかしたらお話だけでもできるかもしれません。いいお店なら対応してくれます。

 また、難しい問題でもありますが、アルコール消毒や、パーテーションの設置、入場制限などを徹底しているかどうか確認できれば、コロナ感染のリスクを低減できるのではないでしょうか。

 もちろん、電話やメールでもお店について知ることは可能ですが、実際に出向くことでわかる情報には及びません

12
ビジネスエリートが知っている 教養としての日本酒

ビジネスエリートが知っている 教養としての日本酒

一流企業のトップビジネスマンがこっそり学んでいる日本酒をコンサル歴30年の酒スペシャリストが解説。ビジネスパーソンなら知っておきたい日本酒の歴史、知識、楽しみ方&楽しませ方

おすすめ記事