bizSPA!フレッシュ

ディズニーデートで彼女に隠れてATMへ…。“手取り10万円台”の男性の悲哀

 若いうちは失敗がつきもの。特にお金と恋愛にまつわる失敗談はよく耳にします。今回は、ちょっとした見栄から、借金が膨らんでしまったという男性に話を聞きました。

貧乏 ビジネス

※画像はイメージです(以下同じ)

“有名企業勤務”だけど、実際は「パート社員」

 坂本雄大さん(仮名・28歳)は、都内の有名IT系企業で働いています。都心の一等地にある高層ビルに入っているオフィスに出勤し、首から入館証も兼ねるICカード型の社員証を提げている姿は、まさにできるサラリーマン。しかし……。

実は僕、正社員ではないんです。この会社は、新卒入社した以外プロパー以外は、ほとんどが時間給や固定給のパート社員。職務内容は、正社員と同等で、プロジェクトのマネージメントも任されたりするのですが、昇給がないので、みんな3年ほど勤めたらキャリアアップのために転職か独立していきます」

 表向きにはキャリアアップや、即戦力と謳いながら、実際には低賃金で責任のある仕事を任されるようです。

「僕は、30歳までにもっと良い条件の転職を目標にして働いています。でも、無名の中小企業に行くよりは、この会社名を出すと、合コンや、マッチングアプリでも女性の食いつきが良いんですよね

手取り20万円未満で、消費者金融に借金も

契約書と印鑑

 収入が低い非正規雇用でも、今は有名企業で働くほうがメリットがあると考えている坂本さん。やりくりはできているのでしょうか。

「正社員は初任給が28万円という話ですが、僕は時間給なので手取りが20万円いかないくらい

 残業がないともっと減ります。でも周りの給与水準に合わせて、服や、AppleWatchを買ったりしていたら、すぐにカードの限度額に達しちゃいました。仕事のストレスや彼女がいない寂しさから、つい風俗にも通うようになっちゃって、消費者金融に数十万程度の借入金もあります……」

 今は、百貨店系のクレジットカードのリボ払いの定額だけを払い、消費者金融には、利息分を返済する日々だそう。

「この前、返済日を忘れてしまって、会社にも催促の電話が掛ったんです……。社内で仲が良い人からは、“フウちゃん”って呼ばれているんです。理由を聞いたら、風俗が好きだからと。そんなに通っているわけではないのに…」

12

おすすめ記事