bizSPA!フレッシュ

新型コロナ禍で、テレワーク腰痛に。筋肉をほぐす2つのストレッチ

弱った筋肉の動きを促すトレーニング!

 腰痛の原因となりやすい骨盤内の筋肉をストレッチしたら、次は弱ってしまった筋肉の動きを促していきましょう。

 椅子に座り続けると股関節がダイナミックに動くチャンスを失い、股関節をコントロールしている腸腰筋(ちょうようきん)という骨盤のインナーマッスルが弱ってしまいます。

 腸腰筋は身体の深層にありますが、リーチが長くて背骨-骨盤-太腿を一挙につないでいる筋肉のため、その影響力はとても大きいです。腸腰筋をゆっくりと動かして骨盤の姿勢を取り戻し、負担のない腰を目指しましょう。

=====
<骨盤インナーマッスルトレーニング>

① 姿勢を正します。

② 背中が丸くならないように気をつけたら、膝を軽く曲げながらゆっくりと脚を上げる、もも上げをします。

腸腰筋

③ 膝がおへそを越える高さを目標にゆっくり上げていきましょう。

※1 左右交互に行いましょう
※2 同じ手順を椅子に座ったまま行っても効果があります
※3 1日10回2~3セットが目安です
※4 よりゆっくりと時間をかける事で腸腰筋に効果を集中できます
=====

<TEXT/ヒラガコージ>

柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中

12

おすすめ記事