bizSPA!フレッシュ

アマゾンなら2980円!格安「スマートスピーカー」は買いなのか?

ガジェット

Appleのスマートスピーカーは「高級品」

HomePod

HomePod

 ITの王者Appleも「HomePod」シリーズのスマートスピーカーを展開しているが、「これで何ができるか」はあまり周知されていない。基本的な機能は、iPhoneでもおなじみの「Siri」+αといったところだ。スマート家電の普及が進むことで今後、魅力を増していくのかもしれない。

 シンプルでミニマルなデザインは素晴らしいのだが、定価で税抜3万2800円という高級品だ。Windows PCやAndroidとの相性が極めて悪いこともあり、Apple製品のファン以外が手に取るケースは稀ではないだろうか。

 ユーザーの増加が見込めないとなると、今後の機能拡張にも暗雲が立ち込める。これから発売される他社製のスマート家電に切り捨てられないことを願うばかりだ。

 Googleの展開する「Google Home」シリーズもある。普及機の「Google Home Mini」は実勢価格が3000円台で、AmazonのEchoシリーズと拮抗している。

 ChromecastやAndroidスマートフォンを使っているなら、これも有力な選択肢になる。音声認識に力を入れているGoogleの製品であり、AmazonのEchoにとって最大の対抗馬であることは間違いない。

Echo Flexを置くべき場所

Echo Flex

Echo Flex

 Amazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズは、主に1万円未満の価格帯を狙って複数のモデルがリリースされている。現在最安値の機種が、税込2980円の「Echo Flex」だ。今回はこれを試してみた。

「IT機器」というよりも「白物家電」に寄せたデザインが印象的で、家庭のコンセントに直差しする方式を取っている。

 内蔵バッテリーはなく、給電にUSBケーブルを使うものと比べても一長一短だが、パソコンと離れた場所で使う場合、取り回しはこちらのほうが容易なはずだ。

Echo Flex

Echo Flexをコンセントに差したところ。本体下部のUSBポートに別売機器を装着することで、機能をさらに拡張できる

 Echo Flexを買う前に、どこに設置するかを決めておくのはマストである。低い位置にあるコンセントにこれを挿すことはオススメできない。

 足元から人の声が聞こえてくるというのは、ものすごく気味が悪い体験なのである。床面からの高さが最低でも60センチ程度はないと、不快な思いをすることになるはずだ。

 ベッドの宮棚にコンセントが付いている場合、ここに差して目覚まし時計の代わりにするのも策である。

おすすめ記事