bizSPA!フレッシュ

休日出勤、電車賃自腹…ブラック企業でそれでも働き続ける3つの理由

キャリア

 昨今、長時間労働を強制したり、パワハラ上司を野放しにするようなブラック企業を社会問題として是正していく風潮があります。いったん悪評が拡散してしまうと、以降の企業活動に支障をきたすこともあり、多くの企業で社員を大事にする「働き方改革」を進めています。

ブラック企業

※画像はイメージです(以下同じ)

 とはいえそんな世の中の流れなどつゆ知らず、依然として旧体質が変わらないブラック企業も存在し続けているようです。

スパルタ上司の圧力で「休日も仕事」

 新卒時から都内の専門商社に勤めている吉野浩也さん(仮名・26歳)。平日は仕事に打ち込み、休日は思いっきり遊ぶという「デキる社会人像」を夢見ていました。しかし入社面接時に聞いていた週休2日の就業規則が、実際には週6日の出勤を強いられたそうです。

「僕の勤める会社は変わった勤務体系だったんです。日曜が固定の休みで、それに加え月~土曜の中で休日を決めていいというシステム。でも実際のところ、土曜は地方の物流センターの倉庫整理の手伝いに行かされ、その他の曜日も忙しくて休めないんです。

 休日でも上司からガンガン電話はかかってくるから、まったく気は休まりません。結局のところ、会社にいたほうが、自宅で休んでいるよりずっと気が楽なんです」

 週休2日は形骸化していたようで、日曜以外はひたすら働き続けたそうです。が、ひどい時には日曜日すら出勤の週もあったようで……。

「普通の会社では休日に出勤すると代休が取得できたり手当てが出ると聞きますが、そんなものはありません。ただただ休日が潰れるだけです。代休で平日に休むと上司からチクチク嫌味を言われるのが辛くて、とても申請できませんよ」

 倉庫作業は遅い時には日付を跨ぐこともありましたが、ガムシャラに出勤を続け、盆も正月もなく出勤し続けたそうです。

おすすめ記事