bizSPA!フレッシュ

あまった恵方巻を美味しくリメイク…ポイントは「ごま油」と「マヨネーズ」

 2月3日、節分の風物詩となった「恵方巻」。みなさんは、食べる予定はありますか? 今年は“西南西”に向かって丸かぶりをすると、万事うまくいくとされています。

恵方巻

 でも、あの太巻きを1人で全部食べきるのって、意外と至難の業。うーん、どうすればよいのでしょうか? 切ると縁起は悪いと言いますが、作法にこだわるがあまり、食べきれず廃棄してしまった……。なんてことが食品ロスに繋がる要因になってしまっているとも思います。。

 そこで今回は、「余った恵方巻をおいしくリメイクするする簡単アイディア」をご紹介したいと思います。

パサパサ固くなった海苔巻に足りないものは?

恵方巻

 恵方巻を冷蔵庫に入れておくと、翌日には固くなってしまっていますよね。これを防ぐために部屋に置いたとしても、ナマモノが巻かれているタイプは鮮度が気になってしまいます。むむむ、悩ましい……。

 色々検討した結果、鮮度をある程度保ちながら安全に保存するなら、スライスせずに冷蔵庫に置くのが無難。そして、しっかり固くなった太巻をスライスするようにしてください。ここで気がつくのは、「白米の固化」。巻かれている具材に大きな変化はありません。つまり、お米のボソボソ感を克服すれば、なんとかなりそうだということ。そこで提案したいのが、「味付けをして焼く」という手法なんです。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事