bizSPA!フレッシュ

今年こそ諦めない! ジムに通い続けられる3つのコツ

 お正月明けと新年度はジムの入会率が毎年高くなります。日本人的心理として区切りの良いところで始めようとする気持ちが働いているからでしょうか。

スポーツジム

※イメージです(以下同じ)

 さまざまな形態のジムが確立している今、その熱意は二極化していて、続く人と続かない人の格差は、さらに開いています。ジム通いについては以前も記事で紹介しましたが、今回は新年早々ジム通いを始めるとき、なるべく続けられるためのポイントを3つに分けてご紹介していきます。

① ジムの選び方:通える距離か

 まずはどんなジムに通うのか。大事なのは「通える距離」であるかです。

 また、ジムと言ってもさまざまなタイプが存在します。プールやジム、スタジオに加えて広いシャワールームが完備されている大型ジムから、24時間使い放題でコンパクトかつ低価格のジム、そしてマンツーマン指導で専属トレーナーから細かな指導を受けられるパーソナル型ジムまで。

 しかし、正直なところどの形態でも結果が出せるかどうか、満足できるかどうかはサービスを受ける側次第となります。

 ただ、どれにしても間違いなく言えることは、通わなければ成果は出ません。当たり前の事ですが、実際にお金を払っていても店舗に行かずにそのままになれば、何の意味もありません。こうなると大切なのは通いたいジムが生活圏内にあって、コンスタントに通える距離なのかが重要なります。

 家の近くなのか、通勤途中の駅なのか。それぞれの皆さんが確実に通える距離である事を優先に考えましょう。

12

おすすめ記事