bizSPA!フレッシュ

今年こそ諦めない! ジムに通い続けられる3つのコツ

② ジムは週2回から始めよう

スポーツジム

 実際にジムに通うようになったら、今度はジムの頻度です。これは週2回を目安にしましょう。

 やる気がもっとも高いであろう通いたての時期は、今日もあしたも明後日も……となりますが、初めからギアを上げてしまうとやる気が急落した時に一気にモチベーションが低下してしまいます。

 そして身体としても運動、特に筋力トレーニングは連日行ってしまうと運動の成果を感じにくくなります。

 筋肉はトレーニングをすると、筋繊維が破壊されますが、これが修復する際に「今度はもっと強い筋繊維にするぞ!」と身体が元よりも強いものにすることで筋肉が強く大きくなっていきます。そのため、筋繊維の回復をしっかり待たなければならないわけです。

 週に2回、必ず休養日を入れて連日にならないようにしましょう。初めからフルスロットルにせず、しっかりスケジュールを組むようにしてください。

③ 初めだからこそ惜しまずに正しい指導を

「初めからやる気満々にせず」と話しましたが、これは頻度の話であって、必要な時間とお金はかけるべきです。

 大型ジムなどであれば入会手続きの際に「パーソナルトレーニングをお試しになりませんか?」と誘われると思います。ジム側としてはやる気のある時にお客様に少しでもオプションをつけてもらいたいと思って勧めてくるわけですが、ジムの思惑とは関係なく、ジム通いを始める際に細かな指導を受けることはとても有効的です。

 パーソナル型ジムではない限り、入会手続きが完了するとジム施設やスタジオ、プールなどを自由に使えるようになりますが、全くの無知のまま正しいトレーニングフォームで正しい負荷の元、正しいメニューを組むことは不可能に近いです。

 ただ運動して汗をかいて爽快感を味わいたいのならいいですが、運動効果を出して目標達成を目指すのならば1度だけでもオプション料金を惜しまずに支払ってプロの指導を受けてることが得策です。

 せっかく始めるジム生活を長続きさせるためにもこれらのポイントに注意してみてください!

<TEXT/ヒラガコージ>

柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中

12

おすすめ記事