bizSPA!フレッシュ

沢尻エリカの「大河」代役に川口春奈。語り継がれる“代役”俳優5人

 2019年11月16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕されました。2020年期の大河ドラマの主要キャストに起用されるなど順調に女優業をこなしている最中での逮捕は世間に衝撃を与えました。

川口春奈

川口春奈写真集「restart」(仮) (TOKYO NEWS MOOK)

 沢尻容疑者が逮捕されてから、「織田信長の妻を演じるのは誰か?」とキャスティングの予想合戦が繰り広げられるなど注目が集まりましたが、先日、川口春奈さん(24)に決定し、NKHは10話分の撮り直しが行われることを発表。特有の所作などが求められる時代劇で、川口春奈さんのパフォーマンスに期待がかかります。

 そこで今回は、これまでに代役に抜擢され、結果を残した俳優5名を紹介いたします。

1)ピエール瀧→三宅弘城:『いだてん』

三宅弘城

※画像は公式サイトより

 2019年1~12月放送の大河ドラマで、中村勘九郎さん、阿部サダヲさんらが出演する『いだてん~東京オリムピック噺』(NHK総合)。宮藤官九郎さんが脚本を担当し、1964年の東京オリンピックが実現するまでの日本人の「泣き笑い」が刻まれた激動の時代を描いた物語ですが、笑えない事態となったのは2019年3月。

 主人公の陸上選手・金栗四三(演:中村勘九郎さん)が信頼を置く足袋職人の黒坂辛作を演じていたピエール瀧さん(52)が麻薬取締法違反で逮捕され、代役を立てざるを得ない事態となりました。

 代役に起用されたのは、実力派俳優の三宅弘城さん(51)。同作にも出演している松尾スズキさんが主宰し、宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんと同じ大人計画所属の知る人ぞ知る名優。ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としてご存知の方も多かったのではないでしょうか。

 これまでに映画『木更津キャッツアイ』『中学生円山』といった宮藤官九郎作品にも出演してきており、起用が発表された際にはツイッターで“クドカンファミリー俳優”がトレンド入りするなど、大きな話題となりました。