bizSPA!フレッシュ

西野カナ、加藤ミリヤ…2019年に結婚した「人気アーティスト」5選

 元号が平成から令和に変わり、歴史的な年になった2019年。めったにない時代の移り変わりである「令和元年」に入籍するカップルも多く、年末にかけて芸能界から結婚ニュースも多く舞い込んできました。

結婚

※イメージです

 令和元年に結婚をすれば記念日を忘れにくいこと、そしてなにより時代の始まりという貴重さから結婚を決意する人が多いようです。今回は、そんな新時代の幕開けとなった2019年に結婚したアーティストから、話題になった5人を振り返ってみた。

西野カナ

『LOVE STORY』(講談社)

1)西野カナ&元マネージャー

「会いたくて会いたくて」「君って」「トリセツ」などのヒット曲を出し、“若者のカリスマ”として人気を得た西野カナさん(30)

 2019年1月に突然の活動休止を発表し、2月の10周年ライブを最後に表舞台から姿を消した彼女は、活動休止後初となる自身の誕生日3月18日に入籍したことを発表しました。お相手は以前から交際していた1つ年上の男性で、写真週刊誌『FLASH』によると“市川海老蔵似”の元マネージャーとのこと。

 人気歌姫として激動の10年を過ごした西野さん。公私ともに信頼を寄せるパートナーと、幸せな人生を歩んでいることでしょう。

2)加藤ミリヤ&一般男性

『Miliyah’s fashion show BEST 100 STYLE』(講談社)

 高校1年生でデビューし“女子高生のカリスマ”と評され、1stアルバム『Rose』がオリコン初登場2位に入るなど、目覚ましいキャリアを持つ加藤ミリヤさん(31)。清水翔太さんとのデュエットも話題になり、“ミリショー”という2人の呼称も誕生しました。

 最近ではラグビー日本代表・田中史朗選手の奥様とお子さんが大の”ミリヤー”(ファンの名称)であることも公表しています。

 ミリヤさんは4月4日に一般男性との結婚を発表。同時に妊娠を発表し、6月に第一子の男児を出産したことを報告しました。出産と同じ月には新曲『愛が降る』を発表するなど、いまだ精力的な活動を続けているミリヤさん。

 2019年は、デビュー15周年を迎えた記念すべき年でもあります。結婚、出産、デビュー記念イヤーなど、人生の一大イベントが凝縮された1年でした。2020年11月には武道館ライブを予定するなど、公私ともに充実している様子です。お母さんになったミリヤさんの今後の活動にも注目です。

おすすめ記事