bizSPA!フレッシュ

「仕事がダルい」というあなたに伝えたい仕事で幸せになる方法

キャリア
落ち込む男

※画像はイメージです(以下、同じ)

 こんにちは、Shinです。

 この記事を読んでくださっている多くの人は、毎日何らかの形で仕事をしていると思います。なかには「仕事だるいな」「疲れたな」「ずっとゲームしていたいな」と思っている方もいるのではないでしょうか。

 その気持ちはとてもよくわかります。ぼくも社会人になりたてのころは、毎日仕事がつらかったです。とても優秀な同期や後輩と比較して自分の至らなさに落ち込み、上司からいつも厳しい指摘をいただき、それでも成長しない自分にいらだっていました。

 「仕事はなんてつらいんだ」「できればずっと休んでいたい」、毎日そう思っていました。そう思いながら働くのが楽しいはずがありません

仕事の質を決めるのは結局のところ「気持ち」である

「仕事がだるい、つらい」と思っていながら働いていると、どんどん雑念が出てきます。
「自分にはこの仕事は向いていないのではないか」
「早く帰って自分のために時間を使いたい」
「こんなにできない自分のことを、周りはどう思っているんだろう」

 上記のようなことを延々と考え続けてしまいます。こんな状態だったら、どんなに優秀な人でも結果を残すことはできません。本来集中すべき仕事に、まったく手がつかなくなってしまいます。

 仕事での成果を非常にシンプルな数式に落としてみます。

「仕事の成果 = 能力 × 気持ち」です

 能力を一生懸命磨いて伸ばしていくことはもちろん大事ですが、どんなにすさまじい能力を持っていたとしても、精神的に安定せず集中できないと、大した成果を残すことはできません。

 逆に、能力はまだまだだったとしても、いつもハイモチベーションで目の前のことに完璧に集中することができれば、どんどん仕事の成果を上げていくことができます。

 ただ、ここで一点問題があります。「自分の気持ちをしっかりと整えて仕事の成果を出す」ということよりも、「ダラダラしたい」「ゆっくりと寝たい」「面白いゲームをしたい」ということに魅力を感じてしまうと、結局仕事に没頭することはできなくなってしまうのです。

 ですので、今回は「なぜ仕事に没頭して成果を出すことが“あなたにとって”良いことなのか?」ということをお話していきたいと思います。

12