bizSPA!フレッシュ

iOS 12.2がリリース、アップデートしても大丈夫?変更点と注意点

ガジェット

 アップルは3月26日(米国時間3月25日)に、iOSデバイス向けのOS「iOS 12.2」のアップデートを公開しました。

iOS

(C) Mikhail Primakov – Dreamstime.com ※画像はイメージです

 今回のアップデートでは、アップルの新しいAirPods(第2世代)への対応のほか、新しく4種類のアニ文字が追加されています。

 アップデートをまだしていないという人のために、iOS12.2の内容をご紹介します。

アニ文字とAirPlayでの主な変更点

 まずは、今回のアップデートで追加された主要な内容を一覧でご紹介します。以下、リリースノートより。

アニ文字
→ 4つの新しいアニ文字が追加

・iPhone X以降、iPad Pro 12.9インチ(第3世代)、およびiPad Pro 11インチに、4つの新しいアニ文字(フクロウ、イノシシ、キリン、サメ)を追加

AirPlay
→ コントロール周りの機能改善

・コントロールセンターおよびロック画面に専用のTVコントロールを追加し、素早くTVコントロールにアクセスが可能に
・ビデオ用AirPlayマルチタスク機能により、その他のAppを閲覧可能。また、AirPlayを中断せずデバイス上の短い形式のオーディオ/ビデオファイルが再生可能に
・AirPlay先をコンテンツ内容に応じてグループ化し、再生先のデバイスをより速く見つけることが可能に

Apple Pay、AirPods…ココが変わった!

Apple Pay
→ Wallet Appでカードの利用履歴を表示できるようになった

・Apple Pay Cashの利用者は、Visaデビットカードを使用して銀行口座に送金が可能に
・Wallet Appで、カードの下にクレジットおよびデビットカードの最近の利用履歴を表示

Apple Music
→ “見つける”タブが改善され検索機能がUP

・“見つける”タブで、1つのページにエディターからのハイライト情報をより多く表示し、新しい音楽やプレイリストを見つけることが可能。

AirPods
→ 新しくなったAirPods(第2世代)に対応

 その他、Safariブラウザのアップデートやバグの修正・改善が含まれています。

12

ハッシュタグ