bizSPA!フレッシュ

仕事ができない社員に振り回されるフリーランスの悲劇

キャリア

 社内のいざこざであれば解決の糸口は見える可能性もありますが、取引先がどうしようもない相手となれば、もはや手の施しようはありません。

ストレス

※画像はイメージです

 今回はそんなブラック取引先に手を焼いている、という体験談を紹介します。トシユキさん(仮名・28歳)はフリーのWEBデザイナーとして、大手メーカーとやりとりをしています

最初から言い訳をする取引先の担当者に不安

「代理店や制作会社を入れずに、直接メーカーの担当者とやりとりをしています。制作しているのは商品紹介のWEBページです。相手は大手メーカーなのですが、契約したこと自体、後悔しかしていませんね」

 トシユキさんが、やりとりをしているメーカーの担当者はTさん(39歳)という女性だそうです。

「発注を受けたときに、Tさんから『他部署から来たばかりなので、ほぼ素人なんですけどお願いしますね~』と軽い感じで言われました。不安もありましたが、ノリがいいし話もうまく、なにより大手メーカーだし大丈夫だろうと鷹をくくっていたんです。実際、今までの担当者はどなたもきちんとされていて、トラブルもありませんでした」

 ところが、発注後すぐに暗雲がたちこめます。

契約書も依頼書もない「すべて口約束」

取引先5

「リニューアルした商品の紹介ページを作ることになったのですが、Tさんから仕事の発注を受けた際、全てが口頭だったんです。契約書も依頼書もなしです。デザインのイメージも『今までどおりの、いい感じで』っていう超適当さ。制作スケジュールも全部口頭で伝えられたので、必死でメモをとりました。

 念のためにスケジュールや依頼内容をまとめたものを、確認としてメールで送ったんですけど、返信はなかったです。リニューアル商品ですが、デザインの雛形はあったので、なんとかなるかなと思ったのがダメでした」

 案の定、トシユキさんがTさんと仕事を進めれば進めるほど、全てがトラブルになっていったそうです。

「四六時中、鬼のようにTさんから電話がかかってきました。『〇〇ってどうなってる?』とか『デザインに△△も追加したい』とか。こちらの都合関係なく、着信と留守番電話の嵐です。

 極めつけは『1週間後に納品予定だった制作物を、2日後の朝一にあげてほしい』と言う電話です。さすがに、それは厳しいと言ったんですけど、『大丈夫、大丈夫! みんな期待してるからー』と煙にまかれました」