bizSPA!フレッシュ

モバイルバッテリー、飛行機に持ち込める?おすすめ商品は…

ガジェット

 海外旅行で一番活躍するのはやっぱりスマホ!

 写真を撮ったり、現地で翻訳機能を使ったり、道を探すのもSNSに写真をアップするのもすべてスマホに頼り切りですよね?

スマホ

※画像はイメージです(以下、同じ)

 旅行中は外にいる時間が多いので充電がなくなりやすく、残量が気になってしまいます。

 そんなときのためにモバイルバッテリーを携帯するのが超おすすめ! 今回はおすすめモバイルバッテリーと、海外に持っていく際の注意点についてご紹介したいと思います。

モバイルバッテリーは受託手荷物の預け入れ不可

 飛行機に乗る際に気をつけなければならないルールがあるのをご存知でしょうか? それはリチウムイオン電池の取り扱い。

 モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池は、発火してしまう可能性があるためスーツケースに入れて預けることはできません。

 万が一、発火、爆発しても手荷物ならすぐに火を消し止めることができますが、人のいない場所で火が付いたらと思うと本当に恐怖です……。

 チェックインで荷物を預ける時に、必ず「モバイルバッテリーなど入っていませんか?」と聞かれるので、預ける前に忘れずチェックしておいてくださいね。忘れて入れっぱなしにしていると、基本的に没収、破棄されてしまいます

モバイルバッテリー持ち込みに関するルール

飛行機

 手荷物で持ち込むなら何でもよいかというと、こちらも細かいルールが決まっています。ANAの予備電池に関する取扱い規定を抜粋しました。モバイルバッテリーなどの「予備電池」の取り扱いは以下のとおり。

【ワット時定格量(Wh)別「予備電池」の取り扱い規定】

・100Wh以下のもの
数量制限(1人あたり):制限なし
機内持ち込み:可
お預け:不可

・100Wh以上160Wh以下のもの
数量制限(1人あたり):2個まで
機内持ち込み:可
お預け:不可

・160Whを超えるもの
機内持ち込み:不可
お預け:不可