ほぼ4万円の第2世代AirPods Proは買いか?「ノイキャン機能」の実力を検証してみた | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ほぼ4万円の第2世代AirPods Proは買いか?「ノイキャン機能」の実力を検証してみた

ガジェット

「ハイレゾなし」でも4万円の価値か

 AirPods Proは、3万9800円とイヤホンとしては高価な価格帯だ。それだけの価値を感じられるかどうかは、「イヤホンに何を求めるか」で意見が分かれるかもしれない。

 ここまで検証してきたとおり、ノイズキャンセリングや環境音除去機能はかなり優秀だ。一方で、ハイレゾには依然として対応しておらず、そこに不満を感じるユーザーもいるだろう

 もちろん、AirPods Proの音楽体験も決して悪くはない。空間オーディオ対応楽曲の再生時に頭の方向にあわせて音の聞こえ方が変化する「ダイナミックヘッドトラッキング」に対応していたり、自分の耳の形状に合わせて空間オーディオを最適化する機能が新たに搭載されたりと、空間オーディオ関連の機能はかなり充実している。

AirPods Pro

「パーソナライズされた空間オーディオ」では、iPhoneで耳を撮影することで、自分の耳の形状に合わせて空間オーディオを最適化できる

 とはいえ、どちらかというと、音楽を極めるためのものというよりは、静かで快適な環境を確保するためのツールとして考えるのがよさそうだ

 この数年の自粛生活から世の中が戻りつつある今、街やオフィスの騒々しさを改めて実感している人も多いのではないだろうか。そんなときに、いつでも静かな環境を手に入れられることに魅力を感じるのであれば、AirPods Proはかなり価値のあるアイテムだと感じた。

<TEXT/酒井麻里子>

スマホやPC、ガジェットといったデジタルアイテムや、ビジネスに役立つアプリ、日用品などに関する記事を執筆。Twitterは@sakaicat

おすすめ記事