iPhoneの新機能が話題「iOS 16」の特徴。ただ、アップデートを“待つべき人”も | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

iPhoneの新機能が話題「iOS 16」の特徴。ただ、アップデートを“待つべき人”も

ガジェット

標準の「メール」でも予約送信ができるように

 地味ながらかなり便利なのが、標準の「メール」アプリで予約送信ができるようになった点だ。

ios16_07

後で送ろうと思って下書き保存したまま忘れるといった心配もなくなる

 深夜や早朝などにメールを送ると、非常識と取られかねない。下書き保存しておいて翌朝送るなんてこともあったかもしれない。iOS16では、メールの送信ボタンを長押しすると、予約送信のメニューが現れる。候補として表示される「○時に送信」を選ぶか、「あとで送信」から、日時を指定して予約を完了すれば、その時刻にメールが自動送信される。

「送信取り消し機能」で誤送信を防げる

ios16_08

送信ボタンを押した直後の「あっ!」を挽回できる

 また、送信直後は画面下部に「送信を取り消す」ボタンが表示され、タップすれば送信を中断して編集画面に戻ることも可能になった。送信取り消しができるのは、初期設定では送信後10秒まで。設定の「メール」から最大30秒まで変更可能だ。

 そして、受信したメールにリマインダーを設定する機能も追加された。こちらは、「後で返信しようと思っていてそのまま忘れていた」といった失敗を防ぐために役立つ。

ios16_09

リマインダーは、「1時間後」「明日」などの候補から選ぶほか、日時の指定も可能

 返信ボタンの下に表示されるメニューに「リマインダー」という項目が追加されているので、それを選んで日時を指定すればよい。

 仕事のメールのやりとりに標準の「メール」アプリを使っているなら、今回のアップデートでかなり利便性が向上するはずだ

ハッシュタグ

おすすめ記事