iPhoneの新機能が話題「iOS 16」の特徴。ただ、アップデートを“待つべき人”も | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

iPhoneの新機能が話題「iOS 16」の特徴。ただ、アップデートを“待つべき人”も

ガジェット

「メッセージ」は編集・取り消しが可能に

 さらに、標準の「メッセージ」アプリでは、送信後一定時間内であれば、メッセージの編集および送信取り消しが可能になった

ios16_10

編集が行えるのは、送信後15分間。送信後すぐに気づいたミスなら修復可能だ

 送信済みのメッセージを長押しすると表示さるメニューで「編集」を選ぶと編集可能な状態になる。編集履歴は相手・自分ともに見られる状態で残る。メッセージ下部に「編集済み」の文字が表示され、タップすると修正前のメッセージが表示される。

ios16_11

履歴は残ってしまうものの、訂正のためにメッセージを送り直すよりはスマートだ

 メッセージを削除する場合は、長押しメニューから「送信を取り消す」を選ぶ。すると、メッセージの吹き出しが弾け飛ぶようなアニメーションと共にメッセージが消える。

 しかし、「メッセージの送信を取り消しました」の表示は残り、何かしらのメッセージを取り消したことは相手にわかってしまうため、完全に「なかったこと」にできるわけではない。この辺りは、LINEの送信取り消し機能と同様だ

便利ではあるが、相手を選んで使う必要が

ios16_12

送信取り消しを行えるのは送信後2分間まで。もちろん、その間に相手がメッセージを読んでいる可能性もある

 メッセージの編集および送信取り消しが行えるのは、iOS 16にアップデート済みのiPhoneユーザー同士でのやりとりに限られる

「メッセージ」アプリでは、相手がAndroidユーザーの場合は自分の吹き出しが緑色で表示されるが、この場合はこれらの機能は使用できない。

 また、iPhoneユーザー宛てであっても、iOS16へのアップデートをしていない場合、編集内容が新たなメッセージとして送信されてしまったり、自分の側で取り消しを行っても、相手の画面にはメッセージが残ってしまうので注意が必要だ

ハッシュタグ

おすすめ記事