bizSPA!フレッシュ

人気の「相乗りアプリ」で格安ドライブ。東京ー大阪なら約4000円!

ビジネス

 夏休みに帰省やフェス、旅行など遠出した方も多いでしょう。お出かけの足には何を使いましたか? 例えば東京-大阪だと新幹線で片道1万3620円、高速バスで最安6800円。

ドライブ

※画像はイメージです

 車なら高速代だけで1万3500円。交通費、結構負担ですよね。それが4000円くらいの予算で、しかも気の合いそうな人と大阪までいける術をご存じでしょうか。

 合法的な会員制相乗りサービス「notteco(ノッテコ)」がそれです。株式会社ヴァリューズから直近2年間のネット上の行動ログを提供してもらい、なかなか魅力的なサービスと、そのユーザー像に迫ります。

会員4万人が「割り勘」でドライブを

 nottecoは「安く移動したい人」と「ガソリン代などの実費を節約したいドライバー」をつなげる日本最大の相乗りマッチングサービスです。メルカリやシェア自転車などのシェアエコノミーがこんなに浸透するずっと前の2007年からサービスを提供していて、いまや4万人以上の会員が年間約8000回ドライブをシェアしています。

 nottecoの利用料は、ガソリン代と高速代の割り勘です。ドライバーが提示した価格や諸条件に納得したら相乗りを申請。ドライバーが申請内容を承認したところでマッチングが成立します。

 季節などで変動はありますが、東京 ― 大阪間はだいたい4000円が相場。最大でも5500円と、だいぶおトクです。2018年8月時点、首都圏発でもっとも高い目的地は、愛媛県松山市6000円でした。

notteco01

図表 1:nottecoのしくみ(※画像は公式サイトより)

なかには「0円」で相乗りの募集も

「割り勘」のお代は当日現金でドライバーに支払います。nottecoは法的にもあくまで割り勘仲介なので、一般的な実費を超える料金はシステム上設定できないようになっています。

 ビジネスですから本来はマッチングあたりの手数料課金モデルなのですが、当面は市場開拓のため無料で利用できるとのこと、さらにおトクですね。

 そしてよく見ると、なんと「0円」(タダ)の募集もあります……! サイトによれば、愛車の乗り換えに伴い、「数え切れない程のさまざまな思い出を振り返りながら、この夏の終わり、最後の力走」を目的にした「リピーターの方の相乗りを優先させて頂く」ドライブなのです。

 また、ニコ生での動画投稿を前提に日光~姫路間が100円、成田市からの富士山登山ドライブが500円など、ドライブの目的によって格安価格が設定されているケースもあるようです。

アプリで簡単マッチング

 nottecoの使い方は簡単。車に乗りたい場所といきたい場所、希望日などから条件を指定すると、合致するドライブのリストが表示されます。

 Facebookの友だち数や車のタイプ、帰省・イベントといったドライブの目的、車のタイプで絞り込みが可能。お目当てのドライブがない場合は、相乗り希望者が出発地・目的地と希望日時を登録してドライバーを募る「誰か乗せて」機能もあります。

notteco02

図表 2:ドライブはエリアや日時のほか、目的やドライバーの会員ステータスなどで絞り込みが可能(※画像は公式サイトより)

 直近2年間のアクセスログで見ると、ページビューは1年前から倍近く増え、リピート利用も多いものと思われます。

notteco03

図表 3:直近2年間のnottecoサイトユーザー数とページビュー(筆者作成)