子供を殺されても許す。元海軍大将がアフガニスタンの“老人”から学んだこと | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

子供を殺されても許す。元海軍大将がアフガニスタンの“老人”から学んだこと

コラム

 人間は誰しも生まれながらにして、ヒーローとなれる資質を持っている。自身の強みを発見して、それを伸ばしていくことで、あなたもヒーローになれる。そう説くのは、米海軍アメリカで最も尊敬される、米海軍特殊部隊SEALs司令官にして元海軍大将ウィリアム・H・マクレイヴン氏(WILLIAM H. McRAVEN)

アラブ 石油

※画像はイメージです(以下同じ

 退役後はテキサス大学システムの学長を務め、現在はビジネスや教育分野で講演を行っているマクレイヴン氏。元四つ星階級章大将の経歴だけでなくその人柄でも「ヒーロー(英雄)」と呼ばれる。仕事や家庭、どんな組織においても活用することができ、あなた自身の成長につながる「ヒーローコード」とはいったい何なのか

 勇気、謙虚さ、誠実さ、思いやりなどさまざまな分野でのヒーローコードを紹介しているマクレイヴン氏の著書『THE HERO CODE ヒーローコード』より「許容」についての章を紹介する(以下、同書より抜粋)。

軍人生活で直面した最も胸がえぐられる悲劇

 私は、広い部屋の床にあぐらをかいて座り、ガルデス村から来た100人ほどのアフガニスタン人に囲まれていた。建物の外には、さらに数百人の人々が集まり、事の成り行きを見守っていた。私の向かいには、伝統的なサルワール・カミーズと呼ばれる白い綿の長めの上着とダボダボのズボンを着た老人がいた。老人の隣には20歳にも満たない彼の長男が全身黒ずくめの服装で座っていた。老人の風化した木目のような褐色の顔は悲しみに引きつり、隣の長男の顔には怒りが浮かんでいた。彼が怒るのはもっともだった

 その数週間前、アフガニスタンのガルデスで標的のタリバンを捕らえる我々の作戦が大失敗に終わった。私の部隊の兵士たちは、地元のタリバン指導者を捕らえるべく、その老人の自宅一帯を包囲していた。屋根の上にいたアメリカ兵士を見た老人の息子2人が、それをタリバンだと勘違いし、自分たちの身を守ろうとアメリカ兵を攻撃してしまったのだ。

 アメリカ兵は、彼らをタリバンのシンパと思い込んで発砲し、老人の次男と三男だった2人は亡くなってしまった。さらにアメリカ兵の誤射した弾がドアを突き破り、老人の娘と他の女性2人も死亡した。私の軍人生活の中で直面した悲劇の中で、最も胸がえぐられるような出来事だった。

子供を殺されたアフガニスタン老人を前に

ヒーローコード

ウィリアム・H・マクレイヴン『HERO CODE』(扶桑社)

 私はこの日、アフガニスタンの伝統に従い、羊数頭とささやかな補償金という形で賠償を提示するため老人に会いにきた。しかし、私がガルデスに行った本当の理由は、謝罪するためだった。私の兵士とこの戦争が彼に与えた苦痛に対して、私が本当に申し訳ないと思っていることを父親に伝えるためだった

 しかし、この老人が私を許してくれるとは到底思えなかった。もし自分がこの老人の立場だったら、たとえ私が自分の子どもの死に直接関与していなくても、憎しみが深すぎて和解などできないだろう。

 進行と通訳は、その地域の指導者・イマームと思われる茶色の長い髭を生やした中年の男が務めていた。父親は悲しげに目を伏せ、床から顔を上げるのがやっとだった。長い前説を終えて、イマームが私のほうを見た。何をどう言えばこの老人の苦痛を和らげ、私が心から反省し、謝罪していることが伝わるだろうか。何をすればこのような悲惨な戦争行為を償えるだろうか。私は自分が何を言うべきか、長い間考え続けていた

THE HERO CODE ヒーローコード

THE HERO CODE ヒーローコード

世界を救うのはスーパーマンではない。勇気、謙虚さ、利他心、忍耐力、ユーモア、希望をもった私たち一人ひとりである。誰もが、誰かのヒーローなのだ。

ハッシュタグ

おすすめ記事

ウィリアム・H・マクレイヴンは他にもこんな記事を書いています