bizSPA!フレッシュ

普通の銀行より便利!ネット銀行5社のメリット・デメリットを比べてみた

マネー

じぶん銀行)特にauユーザーはお得

じぶん銀行

 auと三菱UFJ銀行が共同出資して2008年につくった「じぶん銀行」。大手企業なので信頼度が高いですね。auが関わっているためアプリがとても使いやすく、auユーザーだと特典があってお得です。ATMはセブン銀行・ローソン・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行など。引き出し手数料は、ステージによって無料回数に違いがあります。

 宝くじのBIGつき定期預金や、AIが自動で資産運用を考えてくれるAI外貨自動積立など、面白い独自サービスも。

【詳細情報】
・普通預金金利:0.001%
・ATM使用料(12月1日からの改定後)
・預け入れ:0円
・引き出し:無料回数が月0~11回(ステージによる。それ以降はコンビニ手数料108円)

楽天銀行)預金金利は高めだけどATM手数料も高い

楽天銀行

 楽天銀行の最大のメリットは普通預金金利がメガバンク(0.001%)と比較して、0.02%ととても高いことにあります。また楽天カードの利用料引き落としの口座に設定すると0.04%とさらに高金利に! まぁ0.04%といっても、10万円預けて1年後の利息はたった40円ですが、どうせなら高いほうがいいですよね。

 ただし、金利が高いかわりにATM手数料がかるのがデメリットで、利息分がフッ飛ぶことも。手数料を安くするには、楽天の会員になって「ハッピープログラム」にエントリーすると月最大7回まで無料になります。

【詳細情報】
・普通預金金利:0.02%(条件により金利アップあり)
・ATM使用料
・預け入れ:216円、または270円(ATMによって違う。3万円以上は無料)
・引き出し:216円、または270円(ATMによって違う)
※「ハッピープログラム」にエントリーすると、月0~7回無料に(ステージによる)