“R-1王者”三浦マイルドが語る「マイルド軍団」と「お笑いに救われた」過去 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“R-1王者”三浦マイルドが語る「マイルド軍団」と「お笑いに救われた」過去

若者世代にメッセージを

三浦マイルド

――でも、軍団があってよかったなと思うこともありますか。

三浦:それはあります。芸歴制限でR-1には出られなくなりましたが、軍団のライブがあることで、ネタと向き合って、自分を追い込める。絶対に自分が爆笑をとる背中を見せなくてはと思えます。責任があるから頑張れる。そういう立場にいられるっていうのは、幸せなことですよね。面倒くさいことも多いですけど(笑)。

――若者世代にメッセージを。

三浦:例えば芸人でいうと、今って売れ方にもいろんな方法があって、その中でもそれぞれの戦い方がある。でも僕は、ネタと向かい合ってる芸人は最高にカッコいいと思ってます。それは、きっとどんな仕事でも同じことですよね。だから、まず伝えたいのは、大変なこともあるだろうけど、見てくれている人は絶対にいるということ。一方で、違うやり方もある、いろんな戦い方もあるぞというのは言ってあげたいですね。

<取材・文/吉河未布 撮影/中庭愉生>

【三浦マイルド】
1977年10月18日生、広島県出身。NSC大阪校 23期生。R-1グランプリ2013チャンピオン。趣味はプロレス観戦、ボクシング観戦。映画『仁義なき戦い』マニア。
Twitter:@miuramildinfo

編集者・ライター。ネットの海の端っこに生きています。気になったものは根掘り葉掘り

おすすめ記事