キリンビールがトップに返り咲いたCM戦略。タモリが「うまい」しか言わないわけ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

キリンビールがトップに返り咲いたCM戦略。タモリが「うまい」しか言わないわけ

ビジネス

 キリンビールの国内販売が好調です。2021年1-9月の国内ビール類の売上高に当たる売上収益は前期比1.2%増の4850億円となりました。キリンは2018年に販売を開始した第3のビール「本麒麟」が大ヒット。2020年3月に10億本を突破しました。

キリン

キリンビールの「一番搾り」(※画像はイメージです)

 2021年は1月から9月までで販売数が前年比89%に留まっているものの、その人気はまだ健在。また、定番の「氷結」は9月までの販売数が前年比108%となりました。キリンの好調は第3のビール、缶チューハイが支えています。

 キリンは一時業績が伸び悩んでいましたが、発泡酒や第3のビールを含めたビール類での比較では、2年連続でシェアトップとなりました。どのように復活したのでしょうか?

商品開発とマーケティングと持ち味

キリンビールの売上収益の推移

キリンビールの売上収益の推移(単位:百万円)※決算短信より筆者作成、以下同じ

キリンビールの売上収益の推移

 2017年12月期の国内事業のキリンの売上収益は6470億円。キリンビールがビール、発泡酒、第3のビール、酎ハイなど多角的な商品展開をし、巧みなマーケティング戦略によって消費者に訴求していたためです

発泡酒や第3のビールの登場にも柔軟に

酒類課税移出数量の推移

酒類課税移出数量の推移(単位:万キロリットル) ※国税庁「酒のしおり」より

 国税庁によると、平成30年(2018年)のビールの課税移出数量は248万キロリットル。ピークの平成6年(1994年)の708万キロリットルから約65%も減少しています

 これは税金の安い発泡酒が開発され、発泡酒が増税されると第3のビールが世に出されるという歴史を辿ったためです。キリンはこの需要の変化に柔軟に対応しました。

おすすめ記事