bizSPA!フレッシュ

日本人でも「国内の免税店」で買い物できる?できない?

 海外旅行で多くの人が楽しみのひとつにしているのがショッピング。現地でのお土産探しはもちろんですが、空港の免税店でもブランド品やお化粧品などを購入する人は少なくありません。

 実は、国内でも免税店でのお買い物ができるってご存知でしたか?

 なんと銀座・新宿に免税店があり、日本人でもお買い物を楽しむことができるんです!

「空港型市中免税店」とは

Takashimaya

タカシマヤ タイムズスクエア11階「髙島屋免税店 SHILLA & ANA」(提供/筆者)

 国際空港ではなく、一般の街中にある免税店のことを「空港型市中免税店」と呼びます。いずれも百貨店やショッピングビルに入っているので一見普通のお店のようです。

「空港型市中免税店」は、出国時の空港で商品を引き渡すタイプの免税店です

 買い物をしても、その場で商品を受け取ることができず、日本を出国したあと、引き渡しカウンターで商品を引き取るというシステム。

 日本人でも利用することができますが、誰でもOKというわけではなく1か月以内に成田または羽田空港から外国へ出国する方が対象です

 都内の「空港型市中免税店」はまだ以下の3店舗しかありません。

【東京の空港型支柱免税店】
・「Japan Duty Free GINZA」(三越銀座店8階)
・「ロッテ免税店」(東急プラザ銀座8・9階)
・「髙島屋免税店 SHILLA & ANA」(タカシマヤ タイムズスクエア11階)

 その他、沖縄や福岡にもあります。大阪にも出店計画があったのですが、訪日外国人による爆買いの勢いが落ちてしまったということで残念ながら計画は中止とのこと。

 都内の空港型市中免税店は、成田・羽田以外の空港を利用して海外旅行へ行く方は利用できないので注意してくださいね!

空港型市中免税店の利用方法は?

トラベル

※画像はイメージです(以下、同じ)

 お買い物は出発1か月前~前日まで(一部前々日まで)楽しむことができます。羽田空港と成田空港では時間が違うのでご注意ください。

 免税店の利用方法ですが、まずはパスポートと航空券が必要です。パスポートと航空券(eチケットの場合は携帯の画面でもOK)を持参して、「空港型市中免税店」で買い物します。

 会計前に、購入に必要な名前、パスポート番号、出発日などを登録したお買物券を発行してもらいましょう。

 会計後、出発空港の「市中免税店引渡しカウンター」で商品を受け取りできる引換券(輸出確認書)を渡されます。

 あとは空港で出国手続きを終えたあと、「引渡しカウンター」で引換券(輸出確認書)、パスポート、搭乗券を提示し商品を受け取るだけ!

 持ち物を忘れなければなんら難しいことはありません。東京近隣にお住まいの方はぜひ一度、足を運んでみてください!

12

ハッシュタグ