1年半で92万フォロワーに。元会社員3人組が「人気TikToker」になれた秘訣 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

1年半で92万フォロワーに。元会社員3人組が「人気TikToker」になれた秘訣

ビジネス

バズった動画の共通点は「頷ける要素」か

Kevin’s English Room

 英語を話せないからこその勘違いや疑問点が、アイデアの源泉にもなっているようです。では、反応の良い動画の共通点とは?

「バズった動画を見比べても、想定とは違う理由でバズっていることはよくあります。これ絶対バズるなと思って投稿したらバズらなかったり、逆に自信のない動画に反響があったり。ぼんやりと感じる共通点としては、『確かに日本人はこうだよね』と頷ける要素が入っていることでしょうか」(かけさん)

 こうしてトライ&エラーを繰り返しながら、活動をマルチに広げていったKevin’s English Room。オンライン英会話や音楽活動、ついには書籍の出版も果たしましたが、これに関しては3人とも「まったく予想していなかった」と笑います。

現状にそれぞれ違った魅力を感じている

 想像以上に活動が大きくなった今、インフルエンサーという働き方にはそれぞれ違った魅力を感じているようです。

注目度があるのは大きいです。すでに見てくださる方がいるおかげで、マーケティングなどの費用もかからず、自分たちのやりたいことに挑戦できる。やりたいことをできる働き方を追いかけてきたので、ようやくそれが形になってきたと思います」(ケビンさん)

「僕は企画や動画編集を担当することが多いんですが、“直接手に届く感覚”はありますね。自分の作ったものがダイレクトに投稿されて、それに対するダイレクトな反応を受け取れる。個人的には仕事でアウトプットしたものが身近な感じがして、今の働き方が好きです」(かけさん)

「僕はシンプルに、たくさんの方が応援してくださるのは嬉しいなと思います。今は発信が自由にできる時代。TikTokは特にそうですが、最初は有名じゃなくても面白かったらみんなに見てもらえるのは、すごく魅力的だと思います」(やまさん)

その英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます

その英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます

あなたが覚えたその英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます。大人気ユニット、Kevin's English Roomが「ネイティブ流」の英語の使い方を紹介

おすすめ記事