59歳元官僚の動画がTikTokでなぜバズったか?直撃に本人は「私は人に媚びるのが大嫌い」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

59歳元官僚の動画がTikTokでなぜバズったか?直撃に本人は「私は人に媚びるのが大嫌い」

ビジネス

 元官僚でありながら、慶應義塾大学大学院教授、テレビ番組のコメンテーターなどを務める岸博幸さん@kishihiroyuki)。

岸博幸さん

岸博幸さん

 複数の肩書きを持つ岸さんですが、実はTikTokの人気クリエイターとしての顔も持っていることをご存知でしょうか?

 社会派として活躍している岸さんが、なぜTikTokに参入し、人気を獲得するまでに至ったのか。その目的とヒットの要因を探りました(以下、TikTok公式note編集部が行ったインタビューをもとに構成)。

専門知識のない人に情報を届ける

 岸さんがTikTokで投稿しているのは、その幅広い知識を活かして質問に答える動画です。

「岸博幸史上No.1政治家は誰ですか?」「年金は将来もらえないんですよね?」など、視聴者からの質問に対し、自身の見解を端的に、わかりやすく回答しています。一体どのような目的で、動画を投稿しているのでしょうか。

「私は政治評論家と呼ばれることも多いですが、大前提として自分のことを専門家とは捉えていなくて。偶然さまざまな仕事をやらせていただいた結果、さまざまな知識を持っているだけに過ぎません。専門知識のない人に情報を届けることが私の仕事だと思っています」

世の中を良くするのが仕事

岸博幸さん

「その方法として私にできることのひとつが情報発信です。たとえば、世の中の間違った情報に対して、『こういう読み取り方もあるんだよ』と気づきを提示していく。

 TikTokでも反響のあった学歴問題なんかは典型で、東大を出たから偉いわけじゃないという当たり前のことを理解してもらう。このような情報発信ツールとしてTikTokを活用しています」

 では、テレビや講演会などと比べ、TikTokではどのような人から反響を受けるのでしょうか?

おすすめ記事