売上は1日9万円。22歳大学生カップルが開業した「移動式チュロス屋」が流行る訳 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

売上は1日9万円。22歳大学生カップルが開業した「移動式チュロス屋」が流行る訳

ビジネス

 多くの大学生が新社会人生活をスタートした中、その道を選ばなかった人もいます。今回は大学3年生のときにカップルで話し合い、就活をせずに起業した2人のエピソードを紹介します。

CHURROS AVENUE

写真左:佐野さん、写真右:足立さん

(以下、TikTok公式note編集部が行ったインタビューをもとに構成)

「就活したくないよね」から始まった挑戦

 横浜市内を中心に展開する移動式チュロス屋さんの「CHURROS AVENUEさん」(2021年3月より静岡市へ営業拠点を移動)。

 このお店を運営するのは、2021年4月に大学を卒業した佐野さんと、足立さんです。当時22歳の大学生だった2人がチュロス屋さんを始めた理由はひょんなことがきっかけでした。

「大学3年生の終わりごろに卒業後のことを話していたときに『就活したくないよね』と。そこでふわっと『カフェとかやりたいね』と盛り上がったのがきっかけです」(足立さん)

 ここまではよく耳にする大学生カップルの何気ない日常会話ですが、その後のアクションの早さが違いました。

「意外と彼女は乗り気で『場所に縛られないので、店舗じゃなくてキッチンカーでやらない?』と提案されて。最初は客単価の高いカレー屋さんにしようと話していたのですが、それだとランチタイムしかキャッシュポイントがない。そこで販売時間が長いスイーツに目をつけました。チュロス屋さんなら、11〜19時と販売時間が長くとれるからです

開業費は60万円、売上は1日9万円

CHURROS AVENUE

60万円で買ったバンにDIYを行い開業にこぎつけた

 こうして2020年3月に60万円で購入した中古の軽自動車バンにDIYでキッチンを併設し、オープンにこぎつけました。周りの同級生がエントリーシートを書き、面接を受け続けるなか、黙々と作業していたのです。

「大学生なのでお金はかけられないですから。お店の開業にあたっては、キッチンカーの開業セミナーに加してノウハウを教えてもらいました。が、チュロスのレシピやメニュー、デザインなどはすべてゼロから自分たちで手掛けました」

 試作に試作を重ねながら、こうして店舗をスタートさせた2人。横浜市内の商業施設を中心に店舗を構え、今では1日220人、売上は1日9万円ほどを叩き出すようになったそうです

「一番安いメニューはチュロスで350円。パフェが600円くらいです。10〜20代の女性が半分以上ですね」

おすすめ記事