「イイ女に変えてやるよ」モラハラされた女性に起きた“劇的な変化” | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「イイ女に変えてやるよ」モラハラされた女性に起きた“劇的な変化”

 ノリの良さだけでもてはやされて、自己中心的なふるまいを押し通しているような人、あなたの周りにいませんか? ほんの少し関わるくらいなら害はなくとも、生活を共にしたらそうはいかないでしょう。

カップル

※画像はイメージです(以下、同じ)

 間渕真緒(仮名・27歳)さんがそんな男性と出会ってしまったのは、新卒で入社したアパレル関係の会社だったといいます。同年度入社の達也さん(仮名)とは、ごく自然な流れで交際することになったといいます。

パリピなスポーツマンタイプと付き合うことに

「同期だったので研修とかで接する機会が多かったんですよね。見た目は爽やかで筋肉質なスポーツマンタイプ。ぱっと見て、リア充だなぁという印象です。常に取り巻きの人がいて、ノリが良く、休みの日はよくみんなでフットサルをワイワイやっていました」

 仲間とつるむのが大好き。いわゆる“パリピ”タイプの達也さん。間渕さんもそんな彼のノリの良さに流されるかのように、付き合うことになりました。

「すぐに同棲が始まって、ほとんどの時間を一緒に過ごすようになりました。お互いしばらく顔を合わせていないと、満たされない感じ。今思い返すと、依存していたのかも……」

 職場の同僚との同棲。仕事でもプライベートでも毎日顔を合わせていると、次第に達也さんの“地雷臭”が漂ってきたとか

日に日に漂う彼の“地雷臭”

モラハラ

「“好き合ってる感”は心地良かったです。それで、はじめのうちは気にならなかったんだけど、だんだんと勘違い男っぷりを出してきて……。デートで行く場所も私の提案はことごとく否定するし、服の趣味にまで口出してくる。基本的に私は彼の言いなりでした。

 私はフリフリの女の子っぽい感じが好きなのに、彼は『元カノはこういうの着てたから』とか趣味に合わない服を押し付けてくる。内心、私は『知らねーよ』って(笑)。挙句の果てに下着の趣味まで強要してきたのは引きましたね」

 亭主関白といえば聞こえはいいけど、悪く言えばモラハラ気質。達也さんは関係を続けるうちに、次々と恐るべき本性を現していきます。

おすすめ記事