「専業主婦になるの?」余計なひと言で彼女との関係悪化を悔やむ31歳 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「専業主婦になるの?」余計なひと言で彼女との関係悪化を悔やむ31歳

 変化の激しい現代社会では、デジタル機器やサービスなどが次々と移り変わり、その変化についていくのが大変です。機器だけでなく、感覚や物事の考え方においても同じことが言えるのかもしれません

カップル

画像はイメージです(以下同じ)

現在は共働きだが将来的には…

 IT企業に勤務している内村雄大さん(仮名・31歳)は、“ある考え方”がアップデートできていなかったがために、彼女との関係がおかしくなってしまったと言います。

「彼女は後輩で、4年ぐらい前から付き合っているんですが、昨年の夏から結婚を考えるようになりました。彼女も同じ考えのようでしたが、1点だけお互いの間に大きな隔たりがあったんです。僕はその点について思い違いをしていたんです」

 今も悔やんでいるというその思い違いとは……。

「実家がそうだったので、てっきり彼女も業主婦になるのかと思っていたんです。彼女は以前から家事は得意じゃないと言っていたんですが、『もしも僕と結婚する気があるなら、家事は一人前にできるようになってほしい』と話しました」

あまり感情を表に出さないタイプの女性

女性

 内村さんのお母さんは、家事を完璧にこなす人物だったこともあり、彼女に何の気なしにこんな言葉もかけたのだとか。

「悪気があったわけではないんですが、『なんならうちの母さんに教えてもらったら?』と言ってしまったんです。母に彼女を紹介したことがあるんですが、気が強い母とはあまりウマが合う感じではありませんでした。彼女はどちらかと言えば、あまり感情を表に出さないタイプなんですが、僕がその一言を告げると物凄く怖い顔をしたんです。思わずゾッとするほどでした」

 それからというもの、彼女は目に見えて変貌していったとか。

12

おすすめ記事