bizSPA!フレッシュ

婚約前に二股かけられても…30歳男が「よかった」と思うワケ

ツアーのキャンセル代を払うハメに…

 そんな状況になっているとは全然知らなかった吉沢さんは、のん気に彼女と夏休みの旅行の話で盛り上がっていたそうです。

「最近忙しくてなかなか会えないし、夏休みは久々に旅行に行こうって提案したんです。それで3泊4日の沖縄旅行を予約し、その日が来るのをずっと楽しみにしていましたが、出発2週間前に破局……。ツアー代は折半の予定でしたが、とりあえず僕がカードで2人分払って後でもらうことになっていました。

 でも、キャンセルになって代金の20%に相当する1人1万円近いキャンセル料が必要になり、その分を負担してもらおうと連絡すると『あなたが勝手に申し込んだんだから私は知らない』とまさかの拒否。2人で選んで申し込んだプランだったんですけどね」

 別人のように豹変してしまった彼女とこれ以上関わりたくないと思い、それ以降は自分から一切連絡しなかったそうですが、それから約3か月後、別れたはずの彼女からいきなりLINEが届きます。

復縁したいというLINEに、即答で拒否

「すごく遠回しな言い方でしたけど、要は県庁さんと別れたからヨリを戻したいという内容でした。けど、僕としてはあんなフラれ方をしたので彼女に対する未練は当然、微塵もありません。『肩書きや収入だけで判断し、簡単に別れようとする女性はこっちが無理』と言ってやりました(笑)」

 友人情報によると、相手の男性は真剣に付き合う気がなく、彼女の完全な勇み足だったとのこと。節操のない行動に周囲の人間も呆れてしまい、親しかった友人も彼女と距離を置くようになってしまったそうです。

「こんな人だと知らずに結婚していれば、不倫されてもっと大変な目に遭ったかもしれません。それを思えば婚約前に別れることができてよかったと思います。その点では自分をフッてくれたことを彼女に感謝しています(笑)」

 厚顔無恥な元カノの態度にもビックリですが、そんな彼女の本性を知り、別れることができたわけですから彼にとっては良かったのかもしれませんね。

<取材・文/トシタカマサ イラスト/田山佳澄>

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中

12

おすすめ記事