bizSPA!フレッシュ

上司にミスを押しつけられて退職し…「ささやかな仕返し」でスッキリ

キャリア

 会社などの組織で働く人間にとって上司は、部下に指示を与える立場であると同時にトラブルなどが起きた際にはフォローし、最終的な責任を負うべき立場です。しかし、この当たり前のことができる管理職は決して多いわけではなく、なかには自分のミスを部下に押し付けるような者もいます。

上司

画像はイメージです(以下同じ)

日頃からパワハラを受けていた

 そんな上司のもとで散々な目に遭ったのが、実家の葬儀会社で働く桜田哲也さん(仮名・29歳)。もともといずれは家業を継ぐ予定でしたが、大学卒業後は建設資材メーカーに勤務。本人の希望もあって社会人としての経験を積むため、コネなどが利かない異業種の会社に就職したといいます。

「本当は最低でも30歳になるまで勤めるつもりでした。ところが、直属の上司に嫌われてしまって……。そのせいで予定よりも早く辞めることになってしまいました

 前任の上司とは良好な関係でしたが、辞める1年半前に異動してきた後任の上司からは赴任当初からなぜか嫌われていたとか。

 明らかに部署のほかの同僚より多くの仕事を押し付けられているのに「いつまで待たせるんだ!」といった叱責は日常茶飯事。提出した書類の句読点を【。。】のように2つ付けてしまうなどの些細なミスでも怒鳴られ、30分近く説教されることすらあったそうです。

「とんでもないパワハラ上司だと思いました。ただ、自分なりになんとか関係改善を図ろうと、上司が仕事終わりに同僚を飲みに誘った際、自分もご一緒させてもらってもいいですかと言ったりしてみたんですけど、『お前は来なくていい』と拒絶され……。

 昼休み中にも積極的に話しかけてみたんですが、面倒臭そうに一言二言返しておしまい。その態度にさすがにこちらも諦めました(苦笑)」

上司のミスを自分のせいにされた…

裏切り

 心が折れてもおかしくない状況ですが、「いずれ辞めるつもりでしたし、今は修業中の身だと割り切ることにしました」と桜田さん。ただし、必要以上にストレスを抱え込まないように仲の良かった同期や先輩社員には悪口にならない程度に愚痴を吐き、メンタルをコントロールしていたそうです。

 ところが、そんな彼の身に新たな災難が襲い掛かります。

「上司が取引先に提出した書類に重大なミスがあり、その責任を私になすり付けてきたんです。その会社は上司と2人で担当していた時期もありましたが、このとき私はすでに担当を外されていて、上司がひとりで行っていたのに、です」

12

おすすめ記事