bizSPA!フレッシュ

「スニーカー通勤」におすすめのスニーカー3選。ソックス感覚で履ける!

キャリア

 スポーツ庁が「スニーカー通勤」を推奨すると発表してから、およそ2年半が経ちました。革靴に比べ、足の負担が軽減することは間違いありませんが、「自分が履くイメージは湧かない」という声もよく耳にします。運動靴をルーツとするスニーカーは、ジャケットやスーツとは異なるジャンルのアイテム。だからこそ、選び方に工夫が必要です。

スニーカー通勤

画像はイメージです

 前回の「スーツに合う『通勤スニーカー』の選び方」記事で紹介したように、革靴に似た黒いスニーカーを履いていればOKという訳にはいきません。色以外に「ボリューム感」「アッパーソールの質感」など、見るべきポイントは他にもあるからです。

 のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者が「ジャケット・スーツに馴染む通勤用スニーカー」と称して、具体的なおすすめアイテムをお伝えします。

1:初心者におすすめしたい1足

スニーカー

見た目は革靴だが、スニーカーのような履き心地 スニーカー:whoop’-de-doo’(フープディドゥ) No.19330105 ¥19800

 革靴のようなアッパーソールにスニーカーの履き心地。まさにスニーカー通勤のために作られた1足と言えるのではないでしょうか。注目してほしいのは、その履き心地。世界的に有名なイタリアのビブラム社が展開しているビブラムソールを採用。もともと登山用として開発されたこのソールはグリップが効く上に軽量です

 しかも、アッパーソールは、きめ細かい上質なシープレザー。見た目は革靴ですが、ここが柔らかいので、抜群に履きやすいです。スニーカー特有の平紐ではなく、革靴で使われる丸紐を採用したように、見た目のドレス感を高める工夫も仕込まれています。スニーカー通勤のハードルを大幅に引き下げた1足と言えます。

12

おすすめ記事