bizSPA!フレッシュ

栄養バランス最強!「キウイモッツァレラ」でお手軽にゴージャス気分

 栄養バランスばっちり、夏の一皿。

bizspa57-1

 暑い夏。冷たいそうめんやレトルトカレー、ビールに揚げ物……。食べやすいものばかり優先して、栄養が偏ってしまうことってありますよね。人工的なサプリメントや栄養ドリンクに頼ることなく、おいしい食事でバランスの良いものが味わえたら嬉しいですよね。そんな理想を叶えてくれるメニューってないものでしょうか……。

 そこで今回は、コンロを使わない超簡単レシピ、猛暑にもおいしく食べられて栄養バランスが整う「キウイモッツァレラ」の作り方をご紹介したいと思います。

ポイントはキウイフルーツとモッツァレラチーズ

bizspa57-3

 今回の主役となるのが、キウイフルーツとモッツァレラチーズの2食材。どちらもスーパーで購入することができますが、意識をしないとなかなか手に取ることがない存在かもしれません。

 まずは、キウイフルーツ。実は身近な果物の中で栄養バランスがナンバーワン。ビタミンCや食物繊維、タンパク質、鉄などの17種類の栄養素がどれだけ含まれるかを比較した「栄養素充足率スコア」が最高値なんです(※1)。

 その栄養密度は、リンゴの6倍! しかも、1個が1人でも食べきりやすいサイズ感なのも好都合。緑は整腸作用に関わる食物繊維、黄は免疫力アップにつながるビタミンCが豊富ですから、今回は1個ずつ使うことにしましょう。

 そして次に、モッツァレラチーズ。イタリア原産のフレッシュチーズで、さっぱりとした食べやすさに加え、低カロリーで高タンパク質なのが魅力的。トマトとバジルを合わせた冷菜「カプレーゼ」が有名ですが、他の食材とも相性が良いので、もっと気軽に食べるべきチーズなのです。

「キウイモッツァレラ」の作り方

 それでは、早速材料のご紹介です。

bizspa57-4

材料(1~2人分)
キウイフルーツ:緑・黄各1個
モッツァレラチーズ:1個
生ハム:お好み量
オリーブオイル:大さじ2
塩・黒こしょう:適宜

作り方

(1)キウイフルーツとモッツァレラチーズをお好みの厚さ(5~7ミリがオススメ)にスライスする。モッツァレラチーズは水気を拭き取って調理する。

bizspa57-5

(2)キウイ緑、キウイ黄、モッツァレラの順に、皿に並べていく。

bizspa57-6

12

おすすめ記事