bizSPA!フレッシュ

マクドナルドの「ビーフバーガー」は多国籍、3つの新商品を実食比較!

 マクドナルドで6月24日から期間限定で発売されたビーフバーガー3種類。世界各国のマクドナルドのレシピをもとに、日本人に合わせて開発されたということで、どんな味なのかを、コンビニやファーストフード、ファミレスなどのグルメに関する記事を手掛けるフードライター・松井孝司氏に実食比較してもらった。

マクドナルド

左上から時計回りに、マイティビーフオリジナル、スモーキーバーベキュー、かるびマック

かるびマックはビーフオンビーフのコッテリ系

マクドナルド

マクドナルドの「かるびマック」単品420円(税込)

 日本のマクドナルドからはこの「かるびマック」。日本国旗の赤と白がモチーフで、ビッグマックと同じボックス型の容器に入っている。甘辛いタレのカルビと固めの肉々しいパテのダブルの肉の旨さが味わえるが、肉の旨さより先にマヨネーズが主張してきてややくどく、肉の重たさもあるので、似た味のテリヤキよりかなり重たく感じる。肉好き、牛肉好きな方にはオススメ。

マクドナルド

「かるび」の文字に遊び心を感じる

 バンズのゴマの香ばしさとレモンソースのかかったレタスがサッパリしてよかったが、マヨネーズはもう少し少なくていいかも。醤油ベースの和風なカルビとハンバーガーの組み合わせが珍しく、たまにはこういうハンバーガーがあってもいいと思う。

マクドナルド

パテの上にタレのかかったカルビがタップリ

12

おすすめ記事