「負けず嫌いだった」全国トップ営業マンが英語学校を起業するまで | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「負けず嫌いだった」全国トップ営業マンが英語学校を起業するまで

ビジネス

 大企業をやめて、学歴を捨てて……自らの手で新たな道を切り拓いてゆく起業家たち。どこかほど遠い存在に思える彼らはどんなことを考えているのだろうか? そこに、20代のbizSPA!世代の働き方を考えるヒントがあるのかもしれない。

呉宗樹

MeRISE株式会社代表取締役の呉宗樹さん

 今回話を聞いたのは、国内外に英会話スクールを運営する「MeRISE株式会社」代表取締役の呉宗樹(37歳)さん。

 大手不動産会社をやめたのち、「世界への挑戦をもっと身近に」というミッションを掲げ、呉さんが起業に至った理由とは?

新卒で4年連続トップ営業になれた

――まず大手不動産会社・東急リバブルに入社しますが、そこでいきなり全国トップセールスを4年連続で獲得。すごい実績ですが、なぜ達成できたのですか?

呉宗樹(以下、呉):ただ、負けず嫌いだったんですよ。2005年に入社しましたが、とにかくお金を稼ぎたくて、そのために優秀な先輩のものまねをしていました。営業職だと、優秀な人と、そうではない人の差がはっきり出るんです。

――売上が数字で出ますからね。どんなところをものまねしたんですか?

呉:意識したのはしゃべり方の抑揚。営業マンは「売りたい気持ち」が先行してしまうと、自分だけが一方的にしゃべってしまう。むしろ買い手が「どんな家がほしいか」をひたすら聞く役に徹したほうが契約を獲得しやすいんです。

不動産営業に感じていたジレンマ

呉宗樹

不動産営業でずっと感じていたジレンマがある

――なるほど、そのほうが相手のニーズも明確になりますね。

呉:トップセールスになってからは、最終的なゴールを購入・売却に定めた脚本をドラマみたいに頭の中に描いて、どういうシナリオを組めばそこにたどり着けるかコントロールしていました。配役まで決めて、「上司はここで出てきたら効果的だな」とか(笑)。

――そこから28歳で、中国の大手IT企業アリババの日本法人に入社します。転職するきっかけは?

呉:ずっと感じていたジレンマがあって、日本の不動産会社って商品の買い手と売り手の両方を担当するんです。だから、ノルマを達成するため、双方に良い顔をするし、どちらか一方に厳しい決断も迫らないといけない。双方の代理人になることに近い難しさがありますし、本当にこの商材がお客様に絶対にいいものか懐疑的になってしまうんです。それで26歳のときに一生これをやるのは違うなと思い、転職を決めました。

おすすめ記事