「10代女子知名度99.9%」俳優・曽田陵介、TikTok人気は「姉からの連絡」で気づいた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「10代女子知名度99.9%」俳優・曽田陵介、TikTok人気は「姉からの連絡」で気づいた

 大学生時代に投稿したTikTokが話題になり、事務所からスカウトを受けてデビューした、俳優の曽田陵介さん(23歳・@s24ry)。「10代女子知名度99.9%」の愛称でも知られています。

曽田陵介

俳優の曽田陵介さん

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 ドラマや舞台、バラエティー番組でも活躍する曽田さんが、10月8日から毎週金曜深夜0時52分に放送されるテレビ東京ドラマ25『おしゃ家ソムリエおしゃ子!2』への出演が決定しました。

 かっぴーによる人気WEB漫画をドラマ化し、2020年7月に矢作穂香さん主演で第1弾が放送された本作。曽田さんが演じるのはSNSでバズることが大好きな配達員バズ・リー。この役にどう臨んだのか? デビューまでのきっかけから今後挑戦してみたいことまで話を聞きました。

温かい雰囲気で迎えてもらっている

おしゃ家

©「おしゃ家ソムリエおしゃ子!2」製作委員会

――「おしゃ家ソムリエおしゃ子!2」の出演が決まった時はどう感じましたか?

曽田陵介(以下、曽田):最初に話を聞いたときは嬉しかったです。ただ、矢作さんが演じている「おしゃ子」さんが、シーンによってはかなり振り切った芝居をされているので、自分もそういった芝居をできるのか、ちょっと不安でした。

――実際に現場入りしてみてどうですか?

曽田:(取材は撮影4日目に行われた)すでに共演者の富田望生さん、MEGUMIさん、今井翼さんともお話しをさせてもらって、僕はシーズン2からの参加ですが、みなさんから温かい雰囲気で迎えていただいています。

初めてバズったらどうなるのか

曽田陵介

――バズることが大好きなバズ・リーという役ですが。

曽田:僕自身もTikTokをきっかけに芸能界デビューしたので、親近感がありますね。ただ最初はもっと僕と似たキャラクターかと思っていましたが、実際は感情が読み取りづらいところもありました。好きなものにはテンションがあがったり、ちょっと浅はかな考えをしたりと、いろんな一面があるキャラクターですね。

 実は、バズ・リーという名前ですが、彼はまだ一度もバズったことがないので、初めてバズったときに、どうなってしまうのか想像しながら観ていただけると嬉しいですね。

――おしゃれな家がテーマですが、曽田さんは家のこだわりはありますか?

曽田:あまりないですね(笑)。あまり物を置くのが好きではないので、整理整頓をこまめにしたり、ごみや洋服を溜めたりしないように注意しています。あとは基本インドアなので、今は東京に出てきて一人暮らしをしているのですが、なるべく引っ越しはせずに、1つの場所に長く住みたいです。

おすすめ記事