bizSPA!フレッシュ

周囲の雑音をシャットアウト!流行りの「ノイズキャンセリングイヤホン」3選

ガジェット

ワイヤレスの宿命、連続使用時間の短さが難点

 そんなノイキャンワイヤレスイヤホンだが、強いてデメリットを挙げるとすれば、連続再生時間だろうか。これはノイズキャンセリングに限らず、ワイヤレスタイプのイヤホンに共通した難点だが、充電なしで丸一日使い続けることはできない。

 これらの製品にはバッテリーを備えた充電ケースが付属しているため、外出先でもケース内で充電することが可能だが、当然、充電中はイヤホンが使えないことになる。出先での電話着信など、イヤホンを使いたいタイミングで充電中だったりすると非常に不便だ。

 この点は、いつでも確実に使える有線イヤホンから乗り換えると、もっともストレスを感じる部分かもしれない。

 なお、「外の音が聞きたいときに不便では?」と思う方もいるかもしれないが、その場合は必要に応じてノイズキャンセリングを無効にできる「外音取り込み機能」を備えた製品を選べば問題ない。

 続いて、これからノイズキャンセリングイヤホンデビューをするなら候補に入れたいおすすめ3製品を紹介しよう。

1)iPhoneユーザーならまず検討を

AirPods Pro

Apple「AirPods Pro」(税込3万580円)

 Appleのイヤホンで初めてノイズキャンセリングを搭載した製品。外音取り込みモードへの切り替えは、本体の感圧センサーから簡単に行える。1回の充電で4.5時間の連続再生が可能で、付属の充電ケースで追加充電することで24時間以上の利用も可能。5分間の充電で約1時間の再生が可能な急速充電にも対応している。

 また片耳5.4gと軽量な点もメリット。イヤホンを装着していることを意識せずに身軽に使いたいなら優位性がある。ただし、基本的にApple製品と一緒に使うことを前提とした製品で、音声アシスタントもSiriのみの対応となるため、Androidユーザーには選びにくいかもしれない。

おすすめ記事