bizSPA!フレッシュ

周囲の雑音をシャットアウト!流行りの「ノイズキャンセリングイヤホン」3選

ガジェット

 最近のイヤホンのトレンドのひとつとなっているのが、「AirPods Pro」をはじめとしたワイヤレスタイプの“ノイズキャンセリング”イヤホンだ。

イヤホン

 そもそもの仕組みや、何が優れているのか、デメリットはあるのかといった、ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの基本とおすすめの製品を紹介しよう。

雑音ナシで音楽を楽しめる

 ノイズキャンセリングとは、イヤホン使用時に周囲の雑音を遮断できる機能のこと。近年とくに人気なのが、ケーブルがなく、左右が分離した完全ワイヤレスタイプの製品だ。

 2019年夏にソニーが「WF-1000XM3」を、そして秋にはAppleが「AirPods Pro」を発売したことで、一気に注目度が上昇した。

 これらの製品は、イヤホンに搭載されたマイクで外部の音を集め、逆相とよばれるノイズを打ち消す音を生成することで、クリアに音楽を再生する「アクティブノイズキャンセリング」という方法でノイズを消している。

ノイキャンイヤホンは何がすごいのか

 ノイズキャンセリングは、街の雑踏や駅など、周囲が騒がしい状況でイヤホンを利用するときに威力を発揮する。

 周囲の雑音が大きい場所でイヤホンを使ったときに、雑音のほうがうるさくて音楽がクリアに聞こえずストレスを感じたことのある方も多いだろう。とはいえ、それを打ち消すために音楽のボリュームを上げれば、音漏れにつながる可能性がある。

 そのような場合、ノイズキャンセリングイヤホンなら、音楽のボリュームをさほど上げなくても周囲の雑音だけをシャットアウトできる。

 また、雑踏だけでなく、オフィスで作業に集中したいけれど周囲の話し声が気になる場合や、夜、同居人のいびきが気になる場合などにも利用価値のあるアイテムだ。

おすすめ記事