iPhoneケース「装甲騎兵ボトムズ」が誕生。開発のきっかけを社長に聞く | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

iPhoneケース「装甲騎兵ボトムズ」が誕生。開発のきっかけを社長に聞く

ガジェット

ボトムズiPhoneケースの魅力を聞いた

ボトムズ_スマホケース_本体

「FLASH iPhone 11 Pro用ケース」

ボトムズ_ICケース_本体

「FLASH ICカードケース」

 待望の「ボトムズiPhoneケース」。北山さんのおすすめポイントを聞いてみたところ、1つ目はケース左に配置された「スコープドッグ」のディテールであるという。

「スコープドッグは、当時放送されていたアニメでは作画の都合でディテールが省略されていたこともあり、パーツの情報蒐集(しゅうしゅう)に苦労しました。特にコクピット周りは細かく再現しているので、ぜひ手に取って堪能してもらいたいです」

 プリント基盤のデザインには専用のCADを使い、線の一本一本を手作業で描いていく。しかし、このCADは直線しか入力できないため、曲線を描くときは細かい直線を組み合わせて表現するそうだ。今回のボトムズケースの設計で入力した直線は、およそ8万本に及ぶ。

 そしてもうひとつが、背面に並ぶアストラギウス文字(劇中で使われているテキストのひとつ)だ。

「刻印されているアストラギウス文字は、このケースのために新たに書き起こしたものになっています。フォントの製作にあたってはサンライズの渋谷さん・遠間さんにもご監修いただき、2社の熱い思いが詰まった作品に仕上がりました」

「“最低野郎”のみなさんお待たせしました」

 電子技販とサンライズ、奇跡のコラボによって生まれたiPhoneケース。仕上がりについて、前回の記事でも登場いただいたサンライズのIP事業本部の渋谷誠さんからもコメントが届いた。

「最低野郎(iPhone11ユーザー)のみなさん、発売から時間が空いてしまいましたが、ついに専用ケースが発売しました。

 アストラギウス文字、基盤の色とマッチしたスコープドッグのデザイン、そしてレンズから妖しく光る赤き閃光など、ボトムズの世界観を楽しめる仕様となっております。お待たせした分、こだわった仕様になっております!」

 今後もどのような商品が生まれるのか楽しみにしたい。

<取材・文/モチヅキサトシ>

bizSPA!取材班のライター。音楽と鉄道と銭湯が好き

今回、bizSPA!フレッシュ読者に向けて“むせる”プレゼントを特別にいただきました。奮って応募ください!

【読者プレゼント】

「FLASH iPhone 11 Pro用ケース」「FLASH ICカードケース」をそれぞれ1名様にプレゼント
メ切り:3月6日(金)
①「bizSPA!フレッシュ」ツイッターアカウント(@bizspafresh)をフォロー
② プレゼント告知の投稿をRT→応募完了

おすすめ記事