珍しい工事用車両が見られる「鉄道技術展」ルポ。最新技術が一堂に | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

珍しい工事用車両が見られる「鉄道技術展」ルポ。最新技術が一堂に

交通新聞社:旅客案内ソリューション

鉄道技術展

交通新聞社の刊行物

『JR時刻表』などの定期刊行物を毎月発売するほか、大手私鉄時刻表の多くは編集協力というかたちで手掛ける。また、旅客案内ソリューションにも取り組んでおり、御紹介しよう。

・多言語による異常時情報配信システム

 ホームページ、音声、QRコード、掲示物、デジタルサイネージ、メールとSNSなど、運行情報の多言語配信を1度の操作で同時に行なうことができる。これにより、災害や事故発生時、訪日客に迅速に伝えることができる。

・MaaS(Mobility as a Service :サービスとしての可動性)

 交通新聞社はジョルダン社の連携により、観光型MaaSを展開している。スマートフォンなどによるシームレスな移動検索、チケットの販売及び電子チケットの表示、『旅の手帖』『トレたび』コンテンツを活用したスポット情報の提供、クーポンシステムを行なう。無論、多言語にも対応している。

・時刻表関連

鉄道技術展

デジタル媒体版の『JR時刻表』

『JR時刻表』にはタブレット用、スマートフォン用もあり、JR旅客鉄道各社、空港などの現場で業務用として導入されているという。2020年春にリニューアルの予定である。このほか、時刻表ホームページの制作、管理、時刻表印刷用小型端末、アプリ、特注時刻表の制作が行なわれている。

【取材協力:アクティオ】

<取材・文・撮影/岸田法眼>

レイルウェイ・ライター。「Yahoo! セカンドライフ」の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、ムック『鉄道のテクノロジー』(三栄書房)『鉄道ファン』(交友社)や、ウェブサイト「WEBRONZA」(朝日新聞社)などに執筆。また、好角家の側面を持つ。著書に『波瀾万丈の車両』『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)がある

おすすめ記事