bizSPA!フレッシュ

28歳起業家、あえて結婚しない理由は「子供の人生を背負う自信がない」

 テレビ朝日の深夜ドラマ『東京独身男子』でも話題になった、あえて結婚しない(AK)男子。晩婚・未婚が増加していく昨今、独身を貫くことはメリットもあれば、長期的に見ると、不安もあります。

起業家

※画像はイメージです(以下同じ)

 令和を生きるAK男子たちは、なぜあえて結婚しない選択をするのでしょう。今回、意見を聞いたのは、水上明宏さん(仮名・28歳)。水上さんは都内でベンチャー企業の代表を務める起業家です。

フットワーク軽くしておくには独身

「会社を立ち上げたのは3年前。正直、自分の人生で今一番大事なのは仕事で、恋愛や結婚のことを考えている余裕がないという感じです。去年、4年付き合った彼女と別れてからは、あまり彼女を作りたいとも思わなくなりました。

 同世代の女性はやっぱり結婚願望のある方が多いですし、僕みたいな結婚の見通しが立たない相手だと、精神的に不安定になりやすいのかもしれません。彼女とはそれが遠因で別れてしまいました」

 正直、今は一人の女性に費やせる時間も、あまり持てないそうです。

「空いた時間に、会いたい、話したいと思える起業家仲間・先輩もたくさんいるし……彼らに呼ばれた時、すぐに顔を出せるフットワークの軽さは、起業家には必要なのではないかと考えています」

恋愛はしたいというのが本音

恋愛

 そんな水上さんも「恋愛はしたいというのが本音」だと語ります。結婚はしない、けど恋愛はしたい……どのような気持ちでしょうか。

「やっぱり恋愛がゼロになると、異性として、男として魅力はなくなってしまうと思うんです。だから恋愛はしたい……でも、好きな相手と毎日寝食を共にしたいとは思いませんし、好きな人とずっと一緒にいたいだけなら、結婚しなくてもできますからね」

 水上さん曰く、結婚する意味とは“子供”だそうです。

「子供を授かるなら、やっぱり結婚しないと周囲の目が難しいですからね。でも、僕は今の時点で稼いだお金は、ほぼすべてビジネスへの投資に使いたいと思っているので、子供一人の人生を背負う自信もありません。だからやっぱり、自分には結婚は必要ないのかなと思っています」

12

おすすめ記事