bizSPA!フレッシュ

『凪のお暇』で衝撃。高橋一生、中村倫也の「ドン引き行動」ベスト5

「仕事も恋も何もかも、私お暇いただきます」と、すべてを捨てて人生をやり直す女性の姿を描くドラマ『凪のお暇』(TBS系、金曜22時〜)。すでに終盤の今クールで、もっとも話題になったドラマの一つでしょう。

凪のお暇

※『凪のお暇』公式サイトより

 原作はコナリミサトさんの同名漫画で、黒木華さん(29)演じる大島凪は、空気を読み過ぎるせいで自分の意見が何も言えないOL。会社で仕事を押し付けられ、マウンティングされています。

『凪のお暇』に登場する2人の男性

 そんな凪の唯一の自慢は、高橋一生さん(38)演じる営業成績ナンバーワンの同僚、我聞慎二と付き合っていること。しかし、会社で自分の悪口を言う慎二を目撃してしまった凪は倒れてしまい、人生をやり直すことを決意。

 恋人と別れ、荷物を捨て、会社を辞め、SNSを辞め、全てをリセットして引っ越しをします。そして、中村倫也さん(32)演じる、アパートの隣に住む安良城ゴンと出会います――。

『凪のお暇』ではタイプの違う2人の男性が登場します。慎二は、凪にモラハラを繰り返しますが、実は凪のことが好きすぎて素直になれない不器用な性格。一方で、ゴンは究極の人たらし。通称「メンヘラ製造機」と呼ばれていて、ゴンのことを好きになった女性はことごとく精神的に不安定になっていきます。

 慎二は「素直になれない」、ゴンは「本当の恋をしたことがない」など理由は様々ですが、言動や行動だけを見ると女子が引いてしまうシーンが多々登場します。そこで、20代女子100人にアンケートを実施。編集部が独自にピックアップした2人の行動から、ドン引きしてしまうものを複数回答で選んでもらいました。

5位:女性の容姿や持ち物にケチをつける(49票)

悲しみ

※画像はイメージです(以下、同じ)

 ひどい天然パーマの凪。会社を辞めてからは髪のセットを止めてもじゃもじゃ頭で過ごすようになります。慎二は頑張ってサラサラストレートにしている凪が好きだったために「ブスになった」と責めます。

 そんな慎二の行動に対して、20代女子からは「自分がどれほど完璧な人間なのかと思う」(29歳・医師)、「お前に関係ないと思ってしまう」(29歳・会社員)との声が寄せられました。

 慎二は凪の前でだけは素直になれず、思わずキツい言葉を浴びせてしまうのですが、デリカシーのなさすぎる言動には怒りを感じてしまう女子が多いようです。

ハッシュタグ