bizSPA!フレッシュ

スタバ元店員が教える「絶品カスタマイズ」12選。高カロリーだけど一度は試したい

  世界中にファンを持つ、カフェチェーンの代表的存在「スターバックスコーヒー」。1628店舗(2020年12月末時点)あり、多くの人に親しまれています。2月14日まではバレンタインプロモーション期間で、限定ドリンクやグッズが目白押しです。

スターバックス

※イメージです(以下同じ)

 スタバ歴4年、マネージャー(シフトリーダー的ポジション)を務めていた元店員の筆者が、身近に感じてもらえるようにスタバへの“素朴な疑問”に答えていきます!

メニューが違う店舗があるのはなぜ?

スターバックスリザーブロースタリー東京

スターバックスリザーブロースタリー東京 ©︎Eh1989ger

 スタバには数種類の店舗が存在していることを知っていますか? よく目にする「ギリシャ神話の人魚・サイレン」のロゴにプラスして「☆/R」が描かれたお店を「スターバックスリザーブ」といいます。

 リザーブでは 限定のグッズや厳選された高級豆が販売されていたり、通常店舗にはないコーヒーマシーン「クローバー」が全店のカウンターに設置されています。コーヒーにこだわりたい人にはおすすめです。

 クローバーで淹れたコーヒーはショート580円(豆の種類で値段は変わります)と少し値段は高くなりますが、バリスタが説明をしながらワンランク上のコーヒー豆でコーヒーを淹れてくれます。リザーブ店舗の一部には、特別メニューを出してくれる店舗がいくつかあるので、紹介していきます。

もはやテーマパーク「リザーブロースタリー」

スターバックスリザーブロースタリー東京

スターバックスリザーブロースタリー東京 ※スターバックス公式サイトより

 リザーブの代表的存在とも言える、2019年にオープンした中目黒の「スターバックスリザーブロースタリー東京」。

 スターバックスリザーブロースタリーは世界に5店舗だけの「焙煎工場を併設する店舗」です。店内に設置されている焙煎機から排出された豆が店内を駆け巡って各マシーンへ運ばれていく、テーマパーク的な要素を兼ね備えています。1階コーヒー、イタリアンベーカリーが楽しめる「スターバックスリザーブ」、2階は紅茶メインの「ティバーナ」、3階はバーの「アリビアーモ」、4階はラウンジというようにフロア毎にコンセプトが設けられていて何度も行きたくなるお店です。

 さらにロースタリー東京限定のオリジナルグッズやコーヒー豆なども販売されています。すべてが通常のスタバとは違う空間。ぜひ一度は行ってほしい店舗なのですが、混雑時には人数制限があり、整理番号の取得が必要になるので注意が必要です。

おすすめ記事