スタバを「待ち時間ゼロ」で受け取る方法。モバイルオーダーが超便利 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

スタバを「待ち時間ゼロ」で受け取る方法。モバイルオーダーが超便利

 世界中にファンを持つ、カフェチェーンの代表的存在「スターバックスコーヒー」。身近な存在の人もいれば、苦手意識がある人もいると思います。

スタバ

※画像はイメージです(以下、同じ)

 この特集「スタバを知り尽くせ!元店員の豆知識」では、スタバ歴4年、マネージャー(シフトリーダー的ポジション)を務めていた元店員の筆者が、スタバに行くのが楽しくなるような知識や、おすすめメニューを紹介。今回は“決済方法についての疑問”に答えていきます!

スターバックスカードって何?

 今までスタバでは現金の他にクレジットカード、アプリ決済、スターバックスカードでの支払いでしたが、2021年1月13日より交通系電子マネー決済が可能になることが発表になりました。

 ゆくゆくは全店利用可能になりますが、順次導入ということなので利用時には注意が必要です。支払いが便利になっても、スタバ好きならスターバックスカードを持っておきたいという人も多いのではないでしょうか。

 現在、カードタイプ、デジタル、モバイル、LINEの4種類があり、カードタイプは、基本的に無料。店舗でカードを購入、その場で1000円以上(例外カードもあります)のチャージをするのがルール。レギュラーの他にご当地限定デザイン、期間限定、店舗限定デザインなどがあります。

 カードの素材は以前までプラスチックでしたが、環境問題への配慮で2020年からは紙素材が標準になっています。

タッチ決済できるペンやバッグチャームも

スタバ

 さらに有料にはなりますが、ボールペンやバッグチャームにカード機能が搭載された「スターバックス タッチ」シリーズも販売されています。ボールペンタイプは本体価格4000円(税別)+カード入金額1000円で計5000円。バッグチャームタイプはエチオピアの羊革製で、職人による手作りのため少しお高めで、本体価格1万2000円(税別)+カード入金額1000円で計1万3000円です。

 2017年にはビームスコラボのレザーチャームも発売されましたが、前日から行列ができるほどの人気で店舗販売は中止になってしまいました。ネット販売と抽選販売に切り替わり、瞬く間に終了。現在、再販の情報はありませんが、現在でもネット上でプレミアがついています。

おすすめ記事