bizSPA!フレッシュ

バカにされる“意識高い系”ビジネスマン、3つの特徴

キャリア

 こんにちは、戦略コンサルタントのShinです。今日のテーマは「バカにされる“意識高い系ビジネスマン”に見られる3つの特徴」です。

ishiki

※画像はイメージです(以下、同じ)

 ぼくは大学生のころからよく「意識高いね(笑)」と言われてきました。「意識高い系」というレッテルはなかなかに怖いものです。

意識高い系は周囲からこう見られている

 一度でも意識高い系というレッテルを貼られると、周りからは下記のように見られます。

・何もしていないくせになんかかっこいいことを言っている
・すぐ「参考になりました!」とかいってよくわからないニュースをFacebookに投稿しちゃう
・「イノベーション」「オムニチャネル」「シンギュラリティ」とかいう横文字を良く使っている
・ただの大学生orサラリーマンなのに「起業」「経営者」という言葉に敏感
・専門性がなく自己啓発書ばっかり読んでいる

 こういうような先入観を持たれてしまうと周りの人からどんどん浮いていきますし、女性にもモテません。できればそうはなりたくないですよね。

 では、「意識が高い」と言われてバカにされてしまう人の特徴は、どのようなものなのでしょうか。

1.語る言葉がすべて借り物

 バカにされる意識高い系は、自分でもよくわかっていない言葉をなんとなく使いがちです。

 大学生のとき、ぼくはコンサルタントに憧れており、いわゆるコンサルフレームワーク的なモノを仕入れてそれを友達に話したり就職活動のグループディスカッションで使ったりしていました。

 しかしながら、自分でモノを売った経験もなく、企業で働いたこともないフツーの大学生がそんなことを言っても、説得力を持ちません。どこかで仕入れてきた適当な言葉を、適当に使い続けていると、「あいつ、また意識高そうなこと言ってる(笑)」とバカにされてしまうのです。

 何か新しい言葉を使いたいのであれば、その定義や背景、実際にどのような場面で使われているのか、何がその「新しさ」を形作っているのかなどなど、徹底的に突き詰めましょう。

・イノベーションとは具体的に何を指すのか?
・どのように分類できるのか?
・今回のお客さんに適用するためにはどうすればいいのか?

 そのようにキークエスチョンを並べて考え、調べていくと、単なる意識高い系を脱することができます。

12