bizSPA!フレッシュ

海外旅行初心者が持つべき「クレジットカード」ベスト3

オススメの「クレカ」3枚はこれだ!

Credit cards close up

 30代の私はJCBの「ANAワイドゴールドカード」をメインカードにしてマイルをたくさん貯めていますが、年会費が15120円(税込)とかなり高額。

 また、新社会人の場合はなかなかゴールドカードの審査も厳しいかもしれません。そんななか、私が厳選した比較的年会費が安く、使い勝手の良い、下記3つのクレジットカードを紹介します。

1.「エポスカード」
・年会費:無料
・ブランド:VISA
・障害死亡:最高500万円、傷害治療:最高200万円、疾病治療:最高270万円、携行品損害:20万円
・自動付帯あり、キャッシュレス診療可能
・エポスカード公式サイトはこちら

■エポスカードがオススメなワケ
 エポスカードはなんと、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯されています! 年会費無料のクレジットカードの中で補償額がかなり高くおすすめできるカードなんですよ。

 ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで、保証の対象になる保険のことです。いちいち海外旅行保険に加入しなくていいのは本当に便利!

2.「MileagePlusセゾンカード」
・年会費:1500円
・ブランド:VISA・MASTER・AMEX
・障害死亡:最高3000万円、傷害治療:最高300万円、疾病治療:最高300万円、携行品損害:30万円
・自動付帯あり
・MileagePlusセゾン公式サイトはこちら

■MileagePlusセゾンカードがオススメなワケ
 MileagePlusセゾンカードは、クレディセゾンとユナイテッド航空が提携したクレジットカードです。追加年会費5000円の「マイルアップメンバーズ」を利用すれば、なんと衝撃の1000円につき15マイル(還元率1.5%)を貯めることができます。

 さらに何がすごいかというと、通常、ANAやJALでは片道1万5000マイルかかる国内線(例:「羽田ー札幌」間)が5000マイルで搭乗できるので、月に6万円利用すれば1年に1度国内旅行を無料ですることができるんです。

 ANA、JALにこだわりがなければ絶対に持っておいてたほうが良い重要カードといえるのではないでしょうか。

3.「JCB GOLD EXTAGE」
・年会費:3000円(初年度無料)
・ブランド:VISA、MASTER、AMEX
・障害死亡:最高5000万円、傷害治療:最高200万円、疾病治療:最高200万円、携行品損害:50万円
・自動付帯あり
・JCB GOLD EXTAGE公式サイトはこちら

■JCB GOLD EXTAGEがオススメなワケ
 20~29歳のあなたしか加入できない非常にお得なゴールドカード。通常1万円以上かかるゴールドカードの年会費が若者向けに3000円で持てる非常に優秀なクレジットカードです。

 エポスカード比べても補償の金額はかなり高くなっており、年会費3000円分の価値はかなりあると思います。

 日本国内の主要空港の空港ラウンジはもちろん、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジも無料で利用することができ、ハイステータスを求める方にはぴったりの1枚となっています。以上がおすすめクレジットカード3枚です。

カードを複数枚持つのが怖い?

 カードを作りすぎると不安になるという相談もよく受けますが、私は10枚以上持っており、シーンに応じて使い分けをしています。クレジットカードが使える場所は年々増加しており、ヨーロッパ・アメリカであれば両替なしでいけちゃうこともあるんですよ。

 ブラジルで病気になって1日病院へ入院したときも、パリとバルセロナで友達がスリに会ったときも、クレジットカードの保険でほぼ全額カバーでき何かと助けられてきました。

 クレジットカードの特典は「知っているか、知らないか」でかなり差がでてしまうので、これを機にご自分にあったカードを探してみてくださいね!

<TEXT/まり>

学生時代から旅にハマり、47都道府県・海外55か国を制覇。有給休暇を使って世界を旅するリーマンパッカー。ブラジル人夫と国際結婚し1児の母。出産後にブログ「オハヨーツーリズム」を開設し、子供を連れてのクルーズ旅行や効率的なマイルの貯め方について紹介している。