bizSPA!フレッシュ

周りも言えない口臭をどう防ぐ?20代男子の口臭・歯の黄ばみ対策

 ここ数年、男女ともに美意識・衛生意識が高まっており、男性に向けられる目もシビアになっています。

mundgeruch

※画像はイメージです(以下、同じ)

 そこで、従来より一歩踏み込んだ繊細な美容・ケアについて、メンズ美容家の山川アンクさんに指南してもらいました。

ヒゲ・眉毛」「スキンケア」「オーラルケア」「頭皮ケア」の全4シリーズでお伝えします。第3回目のお題は「オーラルケア」です。

歯の黄ばみの原因は主に2つ

yamakawa

山川アンクさん。メンズ美容家。一般社団法人日本メンズ美容協会理事長

“清潔感”というキーワードは、ビジネス文脈でもモテ文脈でも重要な要素だと言われます。ところが、山川さんによると意外と盲点になっているのが「オーラルケア」なのだとか。

「お口の問題は主に歯の黄ばみとニオイですが、どちらも他人からは指摘しにくいデリケートさがありますよね。頭髪やヒゲであれば『お前、ヒゲ伸びてるぞ』とか『寝癖ついてるよ』と言えますが、『歯が黄色いぞ』とは言えないものです」

 それだけに、自分自身でチェックして、対策をしていくしかありません。まずは鏡を見ればすぐにわかる歯の黄ばみ。

「歯の黄ばみの原因は、タバコや食事などによる着色と、歯そのものが黄色くなるものの主に2つがあります。

 前者については、タバコ以外ですと、コーヒーや紅茶などは要注意ですね。タンニンという成分が含まれていて、これが歯の着色の原因になります。また、赤ワインに含まれるポリフェノールもタンパク質が結びついて歯に色がつきやすいのです」

着色しやすい飲み物を飲んだら早く口をゆすぐ

 仕事中に「コーヒーがないと、はかどらない!」なんて人も多いはず。歯の汚れについて意識しておきたいですね。

「ポイントは着色しやすい飲み物を飲んだら、なるべく早くお口をゆすぐと良いです。また、すでに黄ばんでいてもクリーニングによって色をもとに戻せます。

 着色汚れを取る成分が入った歯磨き粉を使ったり、歯科でホワイトニングをしたりするといいですね。最近は、自宅で歯のホワイトニングができるグッズも増えていますよ」

 では後者の場合。歯そのものが黄色くなるケースはどうしたらいいのでしょうか?

「後者については老化を含めたさまざまな原因がありますが、歯の石灰化を謳う歯磨き粉を使って歯の表面のエナメル質を綺麗にすることで改善されます」