bizSPA!フレッシュ

20代メンズはスキンケアが当たり前。プロに聞く美肌アイテム3選

 ここ数年、男女ともに美意識・衛生意識が高まっており、男性に向けられる目もシビアになっています。

スキンケア

※画像はイメージです(以下、同じ)

 そこで、従来より一歩踏み込んだ繊細な美容・ケアについて、メンズ美容家の山川アンクさんに指南してもらいました。

ヒゲ・眉毛」「スキンケア」「オーラルケア」「頭皮ケア」の全4シリーズでお伝えします。第2回目のお題は「スキンケア」です。

スキンケアこそ差がつくポイント!

yamakawa

山川アンクさん。メンズ美容家。一般社団法人日本メンズ美容協会理事長

 男のスキンケアは、ムダ毛やニオイに比べて語られる機会が少なかったと言えるでしょう。

 しかし、メンズ美容家の山川アンク先生によると、“スキンケアこそ差がつくポイント”なのだとか。

「実は最近の20代男性は意識が高いので、スキンケアをしている人が多いですね。だからこそ、ケアしている人としていない人の差が目立ちやすくなります

 その差は40代男性を見るとよくわかります。スキンケアをしている人たちの肌を見るとモチモチツヤツヤですが、それはあくまで少数派。20代も上司の荒れた肌を見て『あちゃ~、これはまずい』と実感するわけです。

 こういう美意識は、自撮りやSNSの関係で“見られる”意識が高まっているのだと思います。それと若い人は母親と仲が良いですから、美意識も影響されるんですね」

20代からできるシミ・シワ対策とは?

skin

「ギャッツビー パーフェクトスキンローション 150ml」(マンダム)/「UNO クリームパーフェクション 90g」(資生堂)

 具体的に気をつけるべきは、「シミとシワ」だと言います。

「どちらもそもそもの原因には乾燥があります。保湿していれば、肌を水分の層が守ってくれるのですが、乾燥しているとモロにダメージを受けてしまうんです。

 イメージとしては、鮮魚と干物を焼いた時に、どちらに火が通りやすいかという感じですね。また、乾燥によって肌も固くなって、皮脂が詰まりニキビもできやすくなります」

 そこで活用するのは、やっぱりスキンローション。

「最近はメンズのスキンケア用にオールインワンタイプのスキンローションが増えています。このアイテムひとつで、保湿や美肌成分の補給など、最低限のケアができます。

 春夏はベタつきの少ないローションかジェルタイプを、秋冬の乾燥しやすい季節は、保護力のあるクリームをプラスして使うといいですね」

山川さんオススメアイテム
■ローション:「ギャッツビー パーフェクトスキンローション 150ml」(マンダム)/税込767円 ※執筆時Amazon価格(以下、同じ)
■ジェル:「UNO クリームパーフェクション 90g」(資生堂)/税込795円 ※クリームとありますがジェルです
■プラスαのクリーム:「ニベアメン クリーム 75g」(ニベア花王)/税込366円

12