bizSPA!フレッシュ

「私、仕事できるんで」入社3年でヒットメーカーになった“有頂天”女子のその後

キャリア

 芸能ニュースやテレビなどで「あのタレントは干された」など、干されたというキーワードを耳にする機会もあるかもしれません。

スマホ・女性・ソファ

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回は芸能界だけではなく一般社会、しかも会社で干されたという人に取材をしてきました。某メーカーで企画の仕事をしていた麻美さん(仮名・28歳)の話です。

入社3年目でヒットメーカーに

「昨年、会社を辞めました。自主退職だったんですけど、干されたうえに最後はケンカ別れでしたね」

 麻美さんは明らかにイライラした様子でそう話します。

「もともと事務職だったんですけど、入社2年目に社内であった新商品の企画コンペに応募して、社長賞をとったんです。それで、企画・開発部からお声がかかって異動。そこから社会人人生が激変しました」

 一体なにが起きたのでしょうか。

「開発部のM部長がすごく目にかけてくれて、指導をしてくれたおかげもあって、異動1年目で大ヒット商品を生み出したんです。もちろん私だけの力じゃありませんよ。でも、アイデアの発案者は私、ということで社内でも一目置かれる存在になりました」

ヒット商品で順調なキャリアがスタート!?

アイデア

 わずか1年でヒット商品を生み出すとは、なんとも目覚ましい活躍です。そんな麻美さんの社内での扱いも特殊なものとなっていきます。

「大きなプロジェクトにも主要メンバーとして選ばれるし、社内報にも掲載されるし、完全に“期待の若手扱い”でした。職場でちやほやされて完全に調子にのっていましたね」

 ところが順調なキャリアはここまでだったと麻美さんは言います。

「期待の若手ということで、今まで以上に仕事をふられたんです。明らかに他人より仕事量が多いんです。残業につぐ残業で、持ち帰り仕事も多く、休日出勤も当たり前。まったくプライベートのない状態で常にピリピリ、イライラ。気付けばチームの先輩を平気でどやしていましたね」