年収500万、大卒、35歳…ほぼ同じスペックの男性、婚活で明暗分かれたワケ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

年収500万、大卒、35歳…ほぼ同じスペックの男性、婚活で明暗分かれたワケ

 婚活が思うように進まない――。そんな思いを抱えている方も少なくないですが、その理由は人によってさまざま。35歳、身長175cm、年収500万円、大卒、東京在住、さらに眼鏡をかけたプロフィール写真の印象がどことなく似ている2人の男性が、ほぼ同時期に結婚相談所へ入会されました。

婚活

※画像はイメージです(以下同じ)

 2人の名前は、つよしさん(仮名)と、かずやさん(仮名)。相手への希望条件も似ている2人の活動の結末は8か月後、全く異なるものに。活動の明暗を分けたものとは何だったのか、婚活アドバイザーのハヤシが実体験に基づいてお伝えします。

東京都在住つよしさん(35歳)の場合

 3年ほどのマッチングアプリで婚活をしたが、「真剣度の低い人としか出会えない」という理由からつよしさんが入会されました。

「“妥協して”会った人と連絡が取れなくなったり、僕が会いたいってわけではないのに会ってあげたら、その後、返信がなかったりと不満しかありませんでした。良い人がいたらすぐにでも結婚したいと思っていますから、高望みはしません」

 筆者が「つよしさんにとって、どんな方が“良い人”ですか?」とおうかがいしてみると、「僕の言うことをちゃんと聞いて、理解してくれる人。異なる意見だったとしても、僕の意見に考えを改めてくれる人がいい」と、答えました。

YES回答したのに断られるって

婚活

 それは、じゅうぶん高望みなのでは? 親でもない限り、相手の考えに何でも合わせてくれる人なんていません。そんなお話をしながらも、考え方や感覚が完全一致している人を探すより、コミュニケーションとしての対話を通じて、お互いの違いを知って歩み寄り、理解し合うことが大切ですよ、と筆者はお伝えしました。

 こうしてつよしさんの結婚相談所での婚活は始まりました。私から紹介した方に「会ってみたいです」というYES回答をしてくださったつよしさんですが、お見合いはなかなか成立しませんでした。

「僕が会いたいわけではなく、ハヤシさんから紹介されたから会ってあげてもいいかな、と思ってYES回答したのに断られるってどういうことですか」

 結婚相談所は双方の“会いたいです”という回答が一致しないとお見合いに進めません。女性がつよしさんのプロフィールを見られて、会ってみたいと思ってくれるかどうかはお相手次第です。つよしさんは自分の思い通りにいかない活動に、イラ立ちを隠せない様子でした。

ハッシュタグ

おすすめ記事