bizSPA!フレッシュ

<第2回>平穏だった商品世界!そこへ「アイツ」がやってきて…!?――『貨幣論』と『トイ・ストーリー』を混ぜてみた

コラム

貨幣論

この物語は岩井克人の『貨幣論』が、もし『トイ・ストーリー』だったら? という仮定のもとに書き進められています。

【第2回】平穏だった商品世界!そこへ「アイツ」がやってきて…!?

<登場人物>

貨幣論・リンネル
リンネル:服の素材に使われる亜麻布のことで、英語で言うとリネン。

貨幣論・上着
上着:新品の1着の上着。

貨幣論・お茶
お茶:美味しいお茶。

貨幣論・コーヒー
コーヒー:淹れたてのコーヒー。

=================
ひとつの商品世界を考えてみよう。そこには、たとえば、リンネル(アマ布)、上着、お茶、コーヒー、鉄、さらには金といった商品がふくまれている。
(岩井克人『貨幣論』ちくま学芸文庫、四〇頁)
=================

  a Long Time Ago……はるか昔、宇宙のどこかで……というのは違う映画の話(『スター・ウォーズ』だね)。

 えー、ここは「商品世界」。商品たちが「商品語」で会話する世界です。

 広い草原をイメージしてください。そこでは商品たちが住んでいるんです。

 おや、あそこにリンネルがいますね……。

貨幣論・リンネル
リンネル「おいらの名はリンネル! 吸水作用のある着心地のいい素材だよ!」

 なにか言っていますね。おやおや、そこに上着、お茶、コーヒーも出てきました。4人は車座になって話し出しました。

貨幣論・上着
上着「おれの名前は上着。おれを着ると外を出歩けるぞ。もちろん、着ないで外出してもいいんだが……」

貨幣論・お茶
お茶「私の名前はお茶。飲むと落ち着きますぞ」

貨幣論・コーヒー
コーヒー「コーヒーです。覚醒作用があります、おしっこに行きたくなる作用もあります、ふっふっふ」

 さぁ、彼らが「商品語」で会話をしています。彼らは自分たちの「使用価値」──つまりどんな役立つ機能を持っているかを喋っていますね。

貨幣論・リンネル
リンネル「みんな違って、みんないいねえ」

貨幣論・上着
上着「そうだな。おれたちはみんな違う」

貨幣論・お茶
お茶「上着も便利だし、コーヒーも便利ですな」

貨幣論・コーヒー
コーヒー「楽しくやりましょう、ふふふ」

 そうして、4人は遊びだします。鬼ごっこやかくれんぼをしました。夏はキャンプをし、冬は雪だるまを作りました。商品世界は平穏でした。

 商品世界にいるのは彼らだけじゃありません。鉄や小麦など、ありとあらゆる商品がそこで遊んでいました。

 あなたが好きな商品を思い浮かべてみてください。チョコレートでも、ポテトチップスでもいい。その商品もこの商品世界で走り回り、日向ぼっこをし、語り合っては笑い、たまに歌って、遊んで暮らしていました。

12

ハッシュタグ